データサブセットの作成によるテストデータ管理の強化とコストの削減

Informatica Data Subset は、データサブセットを作成するための、柔軟で拡張可能なソフトウェアです。 大規模で複雑なデータベースからデータサブセットとして小規模なターゲットデータベースを作成し、これをセキュアに更新することができます。 参照性を損なわずに運用データの小規模なコピーを作成することで、非運用システムのサポートに要する時間、労力、ディスク容量を大幅に節約することができます。

  • 開発とテストのサイクルを迅速化し、開発、テスト、トレーニングシステムを最適化します。
  • 複雑に絡み合う業務システムを解きほぐして、会社の分割売却や再編成をサポートします。
  • 非運用システムのフットプリントを縮小して、データストレージとメンテナンスのコストを削減します。

Informatica Data Subset の主な機能

異種環境アプリケーションからの拡張可能なデータサブセットの作成

  • 多種多様なアプリケーションとデータベース(Oracle、DB2、SQL Server、Sybase、Teradata など)およびプラットフォーム(Windows、UNIX/Linux、z/OS など)からのデータサブセットの作成と管理をサポートします。
  • 大量のデータを処理するマルチスレッド化されたエンジンを搭載した中央環境から、データサブセット処理を制御します。

強固なデータサブセット機能

  • データモデルの複雑さに関係なく、データ関係を維持し、高度かつ正確で、参照整合性のあるデータサブセットを作成します。
  • ターゲットデータベースにプロビジョニングされるデータ量を分析および予測することで、データサブセットを作成するためのルールをシミュレートします。

アプリケーションアクセラレーター一式

  • パッケージ化された多数の ERP、SFA、CRM、SCM ビジネスアプリケーション(Oracle E-Business Suite、SAP、PeopleSoft、Siebel など)用のアクセラレータを内蔵 しています。
  • 修正パッチの適用や、アプリケーションモジュールの更新などで、基盤となるアプリケーションが変更されても、データサブセットポリシーの機能を維持します。

幅広い接続性とカスタム開発アプリケーションのサポート

  • 多種多様なデータベース、データウェアハウス、メインフレーム、およびビジネスアプリケーション(Oracle、IBM DB2、MS SQL Server、Sybase、Teradata、IMS、VSAM、JD Edwards、Baan など)に接続します。
  • エンタープライズシステム全体でデータベースサブセットポリシーを標準化し(時間、組織の切り口)、個々のビジネス要件に従ってポリシーをカスタマイズします。

サービスとトレーニング

Informatica では、お客様の環境で Informatica プラットフォームの価値を最大化する豊富なサービスおよびトレーニングを提供しています。

サービスについて詳しくはこちら

製品の "評判"

Brandspiration – The Story of the Gap Stick and an Award Winner
This is the story about a great speaker, a simple but funny

Keeping Information Governance Relevant
Gartner’s official definition of Information Governanc