コンプレックスイベントプロセッシングソフトウェアは、タイムリーかつ適切に行動するために組織内の意志決定者が必要とする情報を、すばやく設定、検出して、分析できるようにします。 リアルタイムアラートによってビジネスチャンスとビジネスリスクの両方に対処します。リアルタイムアラートは、大量のデータを自動統合し、事前に設定された一連の条件に基づいて関連するビジネスイベントを特定します。 リアルタイムデータとバッチデータを継続的に監視し、関連付けて、膨大なビジネスイベントに含まれるパターンや異常性を識別し、組織のスピードと敏捷性を高めます。

RulePoint

Informatica RulePoint はあらゆる規模の企業や行政機関が組織をプロアクティブに管理できるようにする、コンプレックス イベント プロセッシング ソフトウェアです。リアルタイムのアラートにより堅牢で効果的なコンプレックス イベント プロセッシングを実現し、スマート、迅速、効率的、競争優位に業務を実行するために必要な情報へのインサイトを提供します。

詳細情報

主な特長

  • ビジネス主導型のルール定義
  • 複数のルール モードとプロアクティブ モニタリング
  • 拡張 SDK カスタマイズと API 組み込みサポート
  • リアルタイム アラート管理

Proactive Monitoring

Informatica Proactive Monitoringでは、潜在的な販売機会や脅威を特定し、適切な担当者に通知を送信することで、迅速にな対応またはや解決が可能になりします。Informatica RulePoint、Informatica Data Quality および Informatica PowerCenterを基盤とする Informatica Proactive Monitoringを使用すれば、リアルタイムの情報と履歴情報を収集し、関心領域のパターンを特定して、個人、グループ、ダッシュボードまたはその他のシステムに通知を配信し、迅速に解決できるようにすることができます。

詳細情報

主な特長

  • データ品質とデータ統合の監視
  • 事前に定義されたプロアクティブモニタリングルールおよびテンプレート
  • ダッシュボードやその他のチャネル経由でリアルタイムに通知を発信
  • セルフサービス型プロアクティブ モニタリング ルールおよび通知管理