データ統合は、かつてはシンプルな事でした。それが、データ量の爆発的な増加と新しいテクノロジーの登場によって、手に負えなくなりつつあります。

情報量もソースの数も、今まで扱ってきたレベルをはるかに超えた規模になっています。複数システムにデータが散在していると、競争優位性の障壁となり得ます。ビジネスの敏捷性を維持するには、どうすればよいでしょうか?

データ統合

ビジネスの敏捷性を保つには、データ統合を敏捷に行うことが必要です。データ統合を、一回限りのプロジェクトとしてではなく、組織のコアコンピテンスとして、チームスポーツのように取り組みましょう。週次や月次ではなく、日次、時間単位で実施することが必要です。信頼できるデータを、いつでも、どこでも利用できるようでなければなりません。またデータは、高品質(グレイトデータ)でなければなりません。それも「常に」です。

グレイトデータは、偶然できるものではありません。設計されて産み出されるものです。では、どうすれば貴社のデータをグレイトデータにできるのでしょうか?その鍵となるのは、部門の人々が、個々のビジネスニーズに合わせて、いかに上手にデータを見つけ、クレンジングし、変換できるかです。

Informaticaは、グレイトデータから不確実な要素を取り除くための、業界初のデータ統合・データ品質プラットフォームを提供します。データ規模の大小や、高品質か完全かに関わらず、Informaticaのソリューションは、常に高品質かつ安全で、密接に連携されたデータを届けます。

業界をリードする、業界唯一の仮想データマシンである、InformaticaのVibeを装備したデータ統合ソリューションを使って、情報が持つ可能性を全社レベル、部門レベルまたはクラウド上で最大限に引き出して下さい。

情報ソリューション

Vibeは、クラウドまたはオンプレミスで、データ統合を実装することができます。データベース、アプリケーション、ミドルウェア、Hadoopクラスタのデータを、バッチ、随時、あるいはリアルタイムに統合します。いつでも、再コーディングなしで実行できます。これまでになく高品質かつ密接に関連したデータ。IT部門は、新しい技術の習得やプログラムの修正に追われるのではなく、様々なプロジェクトで使われた技術を再利用することで、ビジネスニーズに応えられるようになります。

変化にすばやく適応できるプラットフォームを使うことで、あらゆるプロジェクトや環境をサポートできるように、貴社のデータインフラストラクチャを進化させましょう。パフォーマンスの改善、敏捷なデータ統合を実現します。