データプライバシーの保護とコンプライアンスの確保をリアルタイムで実現

Informatica Dynamic Data Masking は、不正ユーザーによる機密情報へのアクセスをリアルタイムで防止する動的データマスキングソフトウェアです。 各ユーザーの認証レベルに基づいて、柔軟で高度なデータマスキングルールを適用することができます。 Informatica Dynamic Data Maskingは、機密情報を動的にマスキングし、機密情報にアクセスするエンドユーザー、IT スタッフ、外部チームを、ブロック、監査、警告します。また、プライバシーに関する規制への迅速な準拠を実現します。

  • 動的データマスキング実行時のデータ漏えいのリスクを大幅に軽減します
  • さまざまな規制要件やビジネス要件に合わせて、データマスキングソリューションを簡単にカスタマイズすることが可能です
  • 個人情報や機密情報を保護しながら、オフショア、アウトソーシング、およびクラウドベースのイニシアチブをサポートします

Informatica Dynamic Data Masking の主な機能

ポリシー主導型のリアルタイムデータベースセキュリティと監視

  • さまざまなセキュリティアクション(動的なマスキング、スクランブリング、非表示、ブロッキング、監査、および不正アクセスについての警告)をリアルタイムで実行して、動的データマスキングの安全性を高めます。
  • 画面、テーブル、列、行、およびセルへのアクセスレベルに基づいて、エンドユーザーと IT スタッフを制限して、動的データマスキング処理に対する制御を微調整します。

インストールおよび設定が容易

  • すべての形式のすべての機密データにデータマスキングアルゴリズムを迅速に適用して、動的データマスキングの堅牢性を大幅に高めます。
  • 一般的なビジネスアプリケーション向けの定義済みデータマスキングルールセットによって、プロジェクトのスケジュールを短縮し、動的データマスキング処理を合理化します。

拡張可能な単一のソリューション

  • 単一のインストールを拡張して数百ものデータベースをサポートして、動的データマスキングの取り組みを大きく促進します。
  • データマスキングポリシーを一度定義し、それを複数回適用することで、ツール、アプリケーション、環境を横断的に、迅速で一貫したアクセス制限を実現し、動的データマスキングのセキュリティを簡素化します。

多目的かつアプリケーションやデータベースに対して非侵入的

  • 基盤となるデータやアプリケーションのパフォーマンスを損なわずに、カスタムアプリケーション、パッケージアプリケーション、データウェアハウス、運用データストアへの不正アクセスを防止して、動的データマスキングのセキュリティを円滑化します。
  • 動的データマスキングの適用範囲を拡大するために、仮想環境およびクラウドコンピューティング環境をサポートします。

認証ソフトウェア統合

  • 選択的に適用されたセキュリティルールに基づいて、ビジネス上重要な情報の参照する必要のあるユーザーのみに、そのデータを提供して、動的データマスキング処理の信頼性を高めます。
  • 既存の ID 管理ソフトウェアを活用することで、実装に要する時間を短縮し、アプリケーションやツールのセキュリティフットプリントを増大します。

リアルタイムのデータマスキングおよびブロッキング

  • 関連する行とテーブルに合わせてデータを同期化することで、マスキングした複雑な企業アプリケーションデータの機能的な表示、一貫性、整合性を維持します。
  • ポリシーに基づいて手法(名前のスクランブル、クレジットカードや給与情報の非表示など)を自動的に選択します。

サービスとトレーニング

Informatica では、お客様の環境で Informatica プラットフォームの価値を最大化する豊富 なサービスおよびトレーニングを提供しています。

サービスについて詳しくはこちら

Data Masking "評判"

That’s not ‘Big Data’, that’s MY DATA!
For the past few years, the press has been buzzing about the

Data Privacy and Security at RSA and IAPP
It is an important time for data security. This past month,