Return on Data の最大化

多くの企業が、大量のデータを抱え、データの収集、保管、保守に費用をかけています。しかし、このデータから得られるはずのすべての価値を、本当に得られているのでしょうか。

競争優位性を得るためには、データの有効活用が重要であることを認識する企業が増える一方で、その大部分は、データを価値のある資産に変える作業が十分でないことも認識しています。 データは、クラウド、デスクトップ、モバイルデバイスなどのさまざまなシステムにまたがって分散しています。 実際、データはあらゆるところにあり、あちこちで重複しています。 業務を改善し、収益を向上するための価値を提供できていません。 つまり、データが増えれば、データの管理コストが増える一方です。

Informatica の使命は、Return on Data を最大化して競争優位性を高め、最も重要なビジネス課題の解決を支援することです。 データの価値を高め、データのコストを低減することができれば、お客様は、Return on Data を最大化し、低コストで新たな収益を創造し、マージンを拡大し、差別化されたビジネスを実現することができます。

この方程式はかなり単純ですが、適切なテクノロジーや戦略がなければ、Return on Data を実現することは困難です。なぜなら、既存システムの管理やビジネスニーズへの対応に、大半の時間を費やしてしまっているからです。 Informatica にお任せ下さい。

Informatica は、次のようなデータに変換することで、データ価値の向上を支援します。

  • アクセスの容易性: データは、業務システムや、デスクトップ、ファイアウォールの内側、インターネットのクラウドまたはソーシャルメディアなどに存在しており、その場所を問わず、簡単にアクセスできる必要があります。Informatica は、オンプレミスまたはクラウドに関わらず、すべてのデータにアクセスできるようにします。
  • 信頼性: データは、信頼性が高く、正確でなくてはなりません。 Informatica は、データを常に信頼できるようにします。
  • 関連性: データは、それを必要とする人またはプロセスに対して、必要な時に、常に関連性を持っていなくてはなりません。 Informatica は、業務部門と IT部門が協力して、ビジネスに必要な関連性のあるデータを利用することができます。
  • タイムリー:データは、プロセスまたはデータが関係する意思決定において、最も価値のある瞬間にタイムリーに提供されなければなりません。 Informatica は、常に適切なタイミングで適切なデータを確実に提供することができます。
  • 確実性: データは、信頼できる単一のデータソースとして管理されなければなりません。 Informatica は、あらゆる業務システムを横断した、データの単一ビューを提供することができます。
  • 実効性: データの変更をリアルタイムかつプロアクティブに処理します。Informatica は、必要な方法でデータを操作するルールを定義できます。
  • 全体性: ビジネスは、適切なコンテキストにおいて、包括的でロジカルなビューが必要です。 Informatica は、データの場所を問わず、すべてのデータの包括的で総合的なビューを提供します。
  • セキュリティ: データはセキュアであり、データ漏えいのリスクが低減され、維持管理とプライバシーに関する規制へのコンプライアンスが確保される必要があります。 Informatica は、データのセキュリティを保証する独自のデータマスキング機能を提供しています。

Informatica では、次のように、コスト削減を支援します。

return on data return on data
  • 人件費:企業は、アプリケーションおよび IT 環境に関連するデータ集約型のアクティビティに、膨大な時間と費用を費やしています。 これには、ハンドコーディングによるアプリケーションの統合、データベースアプリケーションの管理と調整、ファイアウォール越しのサードパーティアプリケーションの統合、データ重複の排除、一貫したデータビューを提供する取り組みなどが含まれます。 Informatica は、手作業中心のデータ関連作業を自動化することで、人件費の削減を支援します。その結果、解放される人的リソースを、他のビジネス上重要な要件にシフトすることができます。
  • ソフトウェアコスト:企業は、新しいアプリケーションの購入と、サポートコストおよびメンテナンスコストの両方で、膨大な予算をソフトウェアライセンスに費やしています。 こうしたアプリケーションの多くは、使用されることなく放置され、不必要な間接費を生む結果となっています。 Informatica は、不要なアプリケーションを廃棄するか、またはグリッド、クラウド、Hadoop などのコスト効率的な最新のコンピューティング インフラストラクチャを使用して、ソフトウェアコストを削減します。
  • ハードウェアコスト:企業は、新規と既存の両方のインフラストラクチャ要件をサポートするために膨大な予算をハードウェアライセンスに費やしています。 多くの場合は、もう使われていないか不要となっていますが、コンプライアンス要件のために、データにアクセスできる必要があるため、引き続き運用されています。 また、多くの企業では、超並列計算アーキテクチャ上のグリッド処理、クラウドコンピューティング、大量データ処理などの最新のコンピューティング機能を活用できていません。 Informatica は、不要なアプリケーションを廃棄、またはグリッド、クラウド、Hadoop などのコスト効率的な最新のコンピューティングインフラストラクチャを使用して、ハードウェアコストを削減します。
  • ビジネスコスト:データがサイロ化して孤立していたり、陳腐化、、セキュリティや精度が低下していると、コストが嵩みます。 Data Warehousing Institute の算定では、誤ったデータ(ダーティーデータ)に対応するために、企業は、年間 6 千億ドルを超えるコストをかけているそうです。 データ遅延、データ漏えい、または電子データに関するルールへの違反は、重大な財政上の損失を招くだけでなく、会社の評判に多大な影響を与えるおそれもあります。 Informatica は、企業全体でデータの問題を解決し、データの可用性、適時性、完全性、正確性、一貫性、監査可能性、セキュリティを確保して、ビジネスコストの削減を支援します。

Informaticaのお客様は、最も重要な資産はデータであると答えています。 Informatica は、データの価値を最大限に高め、コストを最小限に削減するための包括的、統一的、経済的で、オープンなプラットフォームを提供することで、Return on Data の最大化を支援します。

あらゆる業界の企業が、Informatica プラットフォームを活用して、Return on Dataを最大化しています。

  • HealthNow 社は、Informatica を活用して、開発時間を 5 分の 1 に短縮し、開発コストを 3 分の 1 に削減し、顧客と保険金情報に関するホリスティックな単一ビューを構築しました。
  • Electronic Arts 社は、Informatica プラットフォームを活用して、22 個のシステムを統合し、情報に容易にアクセスできるようになったことで、在庫管理を強化しました。 この結果、収入が数百万ドル増加し、支出が年間数百万ドル削減され、プロジェクトの納期が 2 分の 1 に短縮されました。
  • Vivo 社では、Informatica PowerCenter Real Time Editionを活用して、業務全体にタイムリーな情報を提供しました。 その結果、マーケティングキャンペーンによる収入は 30%増加し、キャンペーン開始までの期間は 4 分の 1 に短縮されました。 同時に、プロジェクトのコストは 2 分の 1 に削減され、ネットワークコストは 20%削減されました。

Informatica プラットフォームを活用すれば、効率性と敏捷性を高め、コストを削減し、リスクを軽減しながら、データを処理することができます。 Informatica は、お客様のデータの価値を高め、データのコストを削減して、Return on Dataを最大化します。