c07-tableau-ebook-3276

より質の高いインサイトをより速く業務担当者に提供

つい最近まで、データは決まったデータベースに格納され、他部門からの羨望の眼差しの中でこれらのデータを管理する特権を有していたのはIT部門だけでした。

c25-tableau-3276_ja

インフォマティカに関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

インフォマティカは、次のプライバシーポリシーに従って、提供されたデータを使用します: プライバシーポリシー.

このサイトは、reCAPTCHAによって保護され、Googleのプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

c25-tableau-3276_ja

インフォマティカに関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

インフォマティカは、次のプライバシーポリシーに従って、提供されたデータを使用します: プライバシーポリシー.

このサイトは、reCAPTCHAによって保護され、Googleのプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

c25-tableau-3276_ja

インフォマティカに関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

インフォマティカは、次のプライバシーポリシーに従って、提供されたデータを使用します: プライバシーポリシー.

このサイトは、reCAPTCHAによって保護され、Googleのプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

データを保護し、ビジネスインテリジェンス(BI)を監視する役割を担うIT部門のみが、業務部門向けのデータ準備とレポート作成に必要なリソースとスキルを管理していました。

Tableauのようなソリューションの登場によって「セルフサービスBI」の時代となった現在、IT部門と業務部門の関係は新しくなっています。IT部門は引き続きデータの収集と整理を担っていますが、レポートの作成は実際の業務担当者が実行するようになっています。

この電子ブックでは、時として分かりづらいこうした関係について詳しく説明し、ユーザーへの必要なデータの提供やIT部門によるガバナンスと監視にテクノロジーがどう役立つのかを解説します。主な内容は次の通りです。

  • 多くの従業員の日常業務におけるデータとアナリティクスへのアクセスの重要性
  • ユーザーが日常使うダッシュボードでデータの準備、変換、集約を迅速に実行する方法

一元管理データハブによるTableauインスタンスの向上