GDPR

EU一般データ保護規則(GDPR)へのコンプライアンスを実現するデータ中心のアプローチ

全社的なコンプライアンスのための実践的な手順

2018年5月25日に発効するEU一般データ保護規則(GDPR)によって、欧州の消費者に関する個人情報の保護がさらに強化されます。この規則はEU域内の個人に関する情報を取得、保存、処理するすべての企業が対象で、EU域外に拠点を置いている企業も例外ではありません。違反した場合の代償は大きく、最高2,000万ユーロまたは企業の世界売上高の4%という制裁金が課されます。1

GDPRへのコンプライアンスは企業にとって課題であると同時に、ガバナンスとコンプライアンスに対する総体的かつインテリジェントな自動化したアプローチを確立して、管理された信頼できるセキュアなデータを提供する機会でもあります。このようなアプローチを確立することで、ビジネスで高い成果を上げるためのガバナンスやコンプライアンスの新たなニーズが発生した場合でも、競争力と俊敏性を維持していくことができます。

c03-gdpr-effective
GDPR発効までの残り時間
(UTC:協定世界時)
GDPR

GDPR行動計画:GDPRへのコンプライアンスに向けたインフォマティカとの協業

インフォマティカのGDPR向けData Governance & Complianceソリューションによって、社内全体を通じて業務やIT、データセキュリティなどの主要部門が連携し、あらゆるタイプのデータを管理して(クラウド、オンプレミス、ビッグデータ)、GDPRへのコンプライアンスを実現することが可能になります。インフォマティカのソリューションは、データを特定、定義、管理、マスター化することで、コンプライアンス実現への道をサポートします。

データの特定と評価-保護が必要なデータはどれなのか

GDPRへのコンプライアンスの最初の手順は、社内全体を通じて存在する個人情報の場所、量、リスクを把握することです。個人情報の発見とリスク分析は、幅広いテクノロジーソリューションを通じて欠かせない作業です。Informatica Secure@Sourceは、規制の対象となるデータの視覚化とマッピングによってこの情報への迅速なアクセスを提供し、潜在的なリスクを明らかにします。Secure@Sourceを利用することで、構造化データや非構造化データを含めたあらゆるデータタイプの個人情報を迅速に検出、監視、保護して、GDPRへのコンプライアンスを実現できます。

GDPR
GDPR

データの定義と管理-総体的なアプローチを実現

データを効果的に管理するためには、業務部門とIT部門のデータビューをまとめて、社内全体にわたる総体的なアプローチを確立する必要があります。Informatica Axonは、業務部門とIT部門の連携を実現すると共に、ポリシーの定義と利害関係者の特定を実行し、データのインサイトをつなぐことによって、対象のデータを管理し、GDPRへのコンプライアンスを実現します。コンプライアンスに対する現在の位置を確認し、ポリシーを実装して、結果を測定することができます。文書化するだけでは十分とは言えません。コンプライアンスを成功へ導くには、ポリシーを実装して、その進捗状況を追跡管理することが重要です。

データの管理と消去-不正アクセスの防止

企業およびそのエコシステムにはタイプが異なる数多くのユーザーが存在し、それぞれが本来は必要のないデータにアクセスできる場合もあります。Informatica Data Maskingでは、ユーザーの役割や場所に基づいて個人情報へのアクセスを制御できると共に、データを匿名化することも可能です。また、Informatica Data Archivingを利用すれば、データ主体からの要求や法律に基づいてデータを消去することができます。

GDPR
GDPR

データの管理とマスター化-360度ビューを確立

GDPRへのコンプライアンスを実現するには、場所やシステムに関係なく、データ主体に関して所有しているすべてのデータを迅速に特定する必要があります。Informatica Master Data Management(MDM)は、個人情報への360度ビューを提供します。このビューを通じて、利用許諾を効率的かつ効果的に関連付け、統合、管理することができます。個人情報は既存のアプリケーションに関連付けた場所で一元管理するので、データ主体に関する権利の処理を一貫して効率的に適用できます。

限定コンテンツ

ニュースリリース

インフォマティカが一般データ保護規則(GDPR)についてビジネス上の価値を提供(英語)

ホワイトペーパー

GDPRの「D」に対処する方法の提案(英語)

オンラインセミナー

GDPRに向けて:保有データを把握(英語)

オンラインセミナー

GDPRに向けて:機密データを特定(英語)

オンラインセミナー

GDPRに向けて:データの権利の実行(英語)

関連製品とソリューション

Informatica Axon

100%クラウドベースのツールで強化された、業界初のエンタープライズデータガバナンスソリューション

Secure@Source

データセキュリティのインテリジェンスを手に入れ、機密データのリスクと脆弱性を把握できるようになります。

インテリジェントなマスターデータ管理

信頼性の高い基幹業務データを提供することで、業務を最適化し、より多くの情報に基づいた意思決定を支援します。

データマスキング

データのセキュリティとプライバシーをコントロールすることで、機密性の高い個人情報やその他の企業機密情報への不正アクセスを防御し、漏えいリスクを回避します。

Data Archive

レガシーアプリケーションをリタイアメントし、運用環境にあるデータの増加をコントロールすることで、アプリケーションのパフォーマンスを改善しつつコンプライアンスを順守できる構造化データのアーカイブソリューションです。

企業情報カタログ

エンタープライズ環境全体におけるデータの蔓延状態を把握し、スマートデータカタログでデータ環境を整理できます。

1出典:EU GDPR l http://www.eugdpr.org/the-regulation.html

GDPRへのコンプライアンスは、各社の事業内容や業務、データの利用法といった具体的な事実が基盤になります。上記のコンテンツは、各社がGDPRへのコンプライアンス体制を固めていく上で役立つと考えられる論点を提供するものであり、法的なアドバイス、ガイダンス、推奨事項を意図したものではありません。各社が履行すべき義務や履行が不要な義務については、それぞれの法律顧問に相談してください。

各種お問い合わせ

無料体験版

インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションをぜひ体験してみてください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えを見つけましょう。