c01-cloud-integration-v2

Salesforce Einstein Analytics Connector

Salesforce Einstein Analyticsとインフォマティカのポートフォリオがあれば、これまで以上に顧客やキャンペーンを理解することができます。

c09-cloud-einstein-analytics

バックオフィスから価値あるインサイトを引き出す

Salesforce Einstein Analyticsを使用して顧客インサイトの360度ビューを構築するためには、SAPやOracle E-Business、PeopleSoft、NetSuite、Workdayなど、複数の外部システムから顧客データを取り込んで利用する必要があります。このようなデータには、購入履歴や統計情報、様々な関係、嗜好などの情報が含まれています。Informatica Intelligent Cloud Services(IICS)ポートフォリオにはデータ統合やデータ品質、マスターデータ管理(MDM)などのサービスが含まれているため、業務担当者とIT担当者を含む社内の誰もがあらゆるソースのデータを接続し、関連付け、集計することができます。

Sign up now

データウェアハウスの能力を拡張

ほとんどの企業は、例えばオンプレミスのデータウェア(TeradataやOracle)やクラウドのデータウェアハウス(Amazon Web Services(AWS)Redshift、Microsoft Azure、Google Cloud、Snowflake)など、複数のデータウェアを使用しています。通常、業務アナリストが必要とするのはこのようなデータウェアハウス内のデータのサブセットですが、その抽出は複雑で時間がかかります。Salesforce Einstein Analyticsがあれば、アナリストはオンプレミスやクラウドのデータウェアハウスにあるデータへセルフサービスでアクセスして、データのディスカバリ、検索、視覚化を実行できます。これを可能にするのが、Informatica Intelligent Cloud Servicesの業務担当者向けのセルフサービスUIと、オンプレミスおよびパブリッククラウドデータベースへの幅広い接続性です。業務アナリストは必要なデータをあらゆるデータウェアハウスからSalesforce Einstein Analyticsへ簡単に取り込み、顧客インサイトを迅速に手にすることができます。

c09-cloud-connectivity-salesforce-back-office

c09-cloud-SFAnalytics-Multi-Org-Analytics-2

複数の組織(Org)の分析も簡単に実行

社内にあるすべてのSalesforce Orgの顧客データを網羅するエンドツーエンドのビューを構築することで、顧客エンゲージメントの質を高めることができます。Informatica Cloud MDM Customer 360 for Salesforceのデータマスター化サービスによって、データとオブジェクトの実際の関係を構築して、Salesforce Einstein Analyticsで表示できます。

Free 30-day trial

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。