c07-real-time-integration

データ仮想化

迅速なプロトタイプ作成と増分的なデリバリで、データウェアハウス プロジェクトをすぐに立ち上げられます。

データ統合とデータ連携のための統一された環境と、共通のメタデータを共有する役割ベースのツールを提供します。

多数のシステムにまたがる多様なデータに直接アクセスして結合、連携し、インフォマティカのプラットフォームのデータ プロファイリング、変換、品質管理、マスキング機能を使って、高度なビジネスルールを作成できます。

データ統合とデータ連携のための拡張性に優れた単一のアーキテクチャをベースに、データ仮想化層を構築することで基盤となるデータソースへの複雑なアクセスをバックグラウンドで処理し、変更の影響が及ばないようにすることができます。

その結果、アナリストが必要とする高い信頼性のデータを提供することが可能になります。また、修正作業をしなくても、データサービスを再利用して、すぐに全てのアプリケーションに導入することで、プロセスを引き続きコントロールすることができます。