c01-data-security-v2

Application Retirement

レガシーアプリケーションを運用環境から外すことで保守・インフラコストを削減する一方で、レポート作成や監査に必要なアーカイブデータへのアクセスを確保

今の業務をサポートできないレガシーシステムは、貴重な IT リソースを消費し続けるうちに負担となります。

アプリケーションをリタイアメントする手段がなければ、いくつものレガシーシステムが貴重な IT リソースを消費してしまい、最新のインフラやアプリケーションに投資する余力がなくなります。

インフォマティカのApplication Retirement ソリューションは、レガシーアプリケーションのデータを安全にアーカイブして長期間保持します。アーカイブした後も、データにアクセスしてレポートを作成することが可能であり、データ保持ポリシーも順守します。本ソリューションは、データを高度に圧縮して一元管理できるセキュアなアーカイブデータストアを提供します。法的な保持期限管理や合法的なデータ廃棄が可能なコンプライアンス管理機能を統合しています。

Application Retirementは、以下のような利点を提供します:
  • アプリケーションポートフォリオを合理化します
  • 多数のレガシーアプリケーションにあるデータを、ひとつのデータアーカイブに統合します
  • 業務レポートの作成、電子情報公開、監査のために必要なアーカイブデータへの安全なアクセスを確保します
  • データの保持、廃棄、法的保持期限の管理を自動化します

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。