フィルター基準
  • 事例:アルプス電気株式会社

    アルプス電気、データ移行にかかる開発工数とコストを大幅削減 「基幹システム統一プロジェクト」を支えるInformatica PowerCenter

  • 組織をアジャイルに変える データ統合プラットフォーム のコストとユースケースのベ ンダー比較

    Bloor Research では、2014 年に、データ統合プラット フォームのユーザーを対象 に、そのテクノロジーの利用方法と 3 年間の所有コストについて調査を実施 しました。約 300 件の有効回答を分 析した結果、インフォマティカのデー タ統合プラットフォームが全体的に最 高の所有コストを提供するという結論 に達しました。同社のプラットフォー ムは概してさまざまな使用事例で極め て幅広い展開が可能であり、スキル、 ツール、コードの再利用性においても 優れています。

  • 事例:株式会社マクニカ

    グローバル経営情報をリアルタイムに可視化 マクニカのデータ統合基盤「MGDH」を支えるInformatica Platform

  • 事例:Direct Edge

    Informatica Ultra Messaging により Direct Edge では待機時間を 83% 削減して 340 マイクロ秒に短縮し、スループットが 580% 向上して、稼働時間 100% で記録できます。 これは Direct Edge のコストを 1,400 万ドル節減し、ハードウェアのフットプリントが 25% 小型化したことでさらに 100 万ドルの節減をもたらしました

  • 事例:シカゴ証券取引所

    Informatica PlatformのコンポーネントであるInformatica Ultra Messagingを導入し、パラレルパーシスタンスアーキテクチャーを通じて超低レイテンシーの永続型メッセージングをサポート。Informatica UltraMessaging によって中間のメッセージングブローカーが不要になり、従来の永続型メッセージングシステムを超える卓越したパフォーマンスと回復性を実現。

  • 事例:協和発酵キリン株式会社

    協和発酵工業株式会社とキリンファーマ株式会社との経営統合によって2008年10月に誕生した協和発酵キリン株式会社。同社は、自社で扱うトランザクションデータの構造を一義的に定義し、データのつながりを一元化するトランザクションHubの構築にあたり、データ統合プラットフォーム「Informatica PowerCenterⓇ」を採用しました。2010年1月に本格稼働を迎えたトランザクションHubによって、運用・保守プロセスにおける生産性向上とコスト削減を達成。将来利用が見込まれるクラウドコンピューティング環境からもデータを取り込み、全社データの統合基盤として機能させる計画です。

  • 事例:SBIジャパンネクスト証券株式会社

    SBIジャパンネクスト証券が、株式取引市場の主たるチャレンジャーになるための最高レベルの信頼性と ハイパフォーマンスを実現したメッセージングテクノロジーとして、インフォマティカを採用