c01-infa-for-aws

Informatica for Amazon Web Services(AWS)

AWS向けデータ管理でクラウドのメリットを活用

AWS Marketplaceで試して購入
c09-aws-1

AWSでクラウドへの移行を実現

今日、企業にはITへの支出を削減しながら革新を推進していくことが求められています。AWSとインフォマティカのソリューションにより、ITの俊敏性とスピードを高めながら、必要なときに必要なリソースを、費用対効果に優れた従量制で利用できます。結果として、クラウドのスケールメリットを活用し、ITの人的・物的資源をより戦略的なビジネスイニシアチブに集中させることができます。インフォマティカは、関連付けられた信頼できる有意義なデータをクラウド、オンプレミス、ビッグデータソースから提供することで、データ管理イニシアチブを支援し、お客様のAWSクラウド移行を成功に導きます。 

AWSへの移行

移行の前に全社のデータをカタログ化することで、予測可能かつ実行可能で管理可能なデータ移行ロードマップを策定します。これにより、データリネージを維持しながら、AWSおよびオンプレミスのデータソースへの接続性を提供できます。インフォマティカのハイブリッドデータ管理プラットフォームを使用すれば、大規模な再設計を行うことなく環境を移行する場合であっても、AWS上のデータレイヤーを再構築する場合であっても、既存のIT投資を保護しながら、データの整合性を維持できます。

c09-aws-2
c09-aws-3

Amazon Redshiftとの統合

Amazon Redshiftを使用して、すべてのデータソースにわたって簡単、迅速、高パフォーマンスなデータ統合を実行することで、関連性の高い充実したデータを業務部門に提供できます。Amazon Redshiftとインフォマティカのデータ統合を組み合わせることで、新しいクラウドデータウェアハウジングプロジェクトを簡単に開始して、クラウドおよびオンプレミスの分析データソースにわたってコスト効率的に拡張できます。インフォマティカのハイブリッドデータ管理プラットフォームにより、データ統合ワークロードをAmazon Redshiftにオフロードまたは「バースト」することで、オンプレミスのデータウェアハウスをAmazon Redshiftに移行したり、EDWをクラウドに拡張したりすることができます。 

無料体験版

Amazon EMRで拡張

IoTやソーシャルメディアなどのビッグデータを、Amazon EMRまたはAWS上のその他のHadoopディストリビューションを基盤とする信頼できるデータレイクに迅速に取り込み、クレンジング、統合、管理、保護できます。インフォマティカ独自のメタデータ主導のアプローチにより、業務アナリストは包括的なデータレイク管理製品スイート(Big Data Management、Intelligent Data Lake、Enterprise Information Catalogなど)を使用して、データを迅速に検索、発見、準備、保護し、より信頼できるビジネスインサイトを獲得できます。

c09-aws-4
c09-aws-5

AWS上のハイブリッドデータ管理

インフォマティカのメタデータ中心のハイブリッドデータ管理プラットフォームは、制限なしに拡張できるように最適化されており、AWSに認定されています。また、主要なデータ統合/データ管理パターン、あらゆるユーザーとレイテンシ、あらゆる場所(クラウド、プレミス、ハイブリッド)をサポートしています。インフォマティカのハイブリッドプラットフォームは、主なAWSデータサービスへのネイティブ接続を備えており、クラウドおよびオンプレミスデータへの、すぐに使い始められる数百ものコネクタが用意されています。PowerCenterInformatica CloudBig Data Managementなどのインフォマティカ製品はAWS向けに認定されています。AWS Marketplaceで購入して、簡単に導入および使用できるため、関連付けられた信頼できるデータをAWSにすぐに取り込むことができます。

今すぐはじめる

コネクタを使ってAWSを使い始める

戦略的なAWSデータ管理イニシアチブを開始する方法をご覧ください。

Amazon Redshiftデータウェアハウス

AWS MarketplaceでAmazon Redshiftデータウェアハウスの新規プロジェクトをすぐに開始できます。Informatica Cloudの時間単位での利用で、今すぐ統合を開始しましょう。

AWS上のデータレイク

『インフォマティカデータレイク管理リファレンスアーキテクチャガイド』で、AWS上にデータレイクを設計する方法をご覧ください。

インフォマティカのAWSコネクタ

インフォマティカのAmazon Redshift、Amazon S3、Amazon Aurora、Amazon RDS、Amazon DynamoDB向けネイティブコネクタで、データをAWSに迅速にロードできます。

AWS上のInformatica PowerCenter

Informatica PowerCenterを拡張してAWSでハイブリッドデータ管理シナリオをサポートする方法をご覧ください。

インフォマティカのクラウドサポート

データ管理イニシアチブの成功は、ソフトウェアの能力だけではなく、タイムリーな卓越したサービスとサポートが鍵を握っています。

関連資料

関連製品とソリューション