c07-manufacturing

機器パフォーマンスモニタリング

c09_manufacturing_equip-performance

安価かつ多様なモニタリングセンサーの普及により、QAエンジニアやメンテナンス技術者は大量の機器パフォーマンスデータを扱わなければなりません。データ管理にデータガバナンスを加えることで、データの正確性と適時性を強化できます。これにより、従業員はデータをより効果的に共有および再利用して、信頼できるインサイトを迅速に獲得できるようになるため、生産性を高めて、OEMやオペレーターのリスクを軽減できます。

インフォマティカのソリューションを使用すれば、機器パフォーマンスデータの価値を最大限活用できます。複数のデータソースをクレンジングおよび統合して、すべての環境にわたってデータリネージを把握することで、管理性、アクセス性、信頼性に優れた情報を獲得できます。Informatica Master Data ManagementBig Data ManagementIntegrationworx Machine 360(Informatica Edge Data StreamingBig Data Streamingをベースとするソリューション)と組み合わせて使用することで、調査担当者や運用担当者は以下のことを実現できます。

  • 信頼できるインサイトを迅速に獲得する
  • 運用条件に基づいて動作を隔離する
  • 時系列データアナリティクス環境の運用コストを削減する
  • 必要な製品変更を迅速に特定する

詳細はこちら

成功事例

貴社業界向けソリューションの実例をご覧ください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。