c07-retail-v2

データプライバシー:デジタル信頼性を向上

データプライバシーに関する顧客の選択を尊重することで、顧客ロイヤリティを向上させます。

データプライバシーを維持しながらエクスペリエンスをパーソナライズ

小売業者はエクスペリエンスのパーソナライズで競い合っていますが、これには豊富な個人データが必要です。マスターデータを基盤とする一元ビューで個々の顧客を管理することで、顧客にこれまで選択してきた方法や好みのチャネルでブランドエクスペリエンスを提供できるため、ロイヤリティの向上につながります。

インフォマティカでGDPRへのコンプライアンスを実現する実践的手順

機密データのプライバシーと保護への取り組み

迅速なイノベーションとデータプライバシーリスクの管理とのバランス

小売業者がデジタルトランスフォーメーションを進めるにつれて、顧客の個人データを複製して新しいアプリケーションやアナリティクスに利用することが多くなります。Informatica Secure@Sourceは、企業組織全体の個人データと機密データを完全に把握し、イノベーションの促進とデータプライバシーと保護の実現を両立します。

マスキングにより顧客データを保護

データプライバシーに関する法律は、個人データのアクセスと使用の厳密な管理を提唱していますが、今日の小売業者はエクスペリエンスのパーソナライズを競い合っています。データマスキングにより、実際のデータセットのイノベーションとアナリティクスが可能になると同時に、機密データと個人情報への不正アクセスも防止することができます。

c09-data-masking
c09-axon-data-quality

データプライバシーポリシーの管理と監視

データプライバシーポリシーの導入に成功した小売業者は、顧客からの信頼を得て、プライバシーに関する法律を順守することが可能になります。インフォマティカのData Governance & Complianceソリューションによって、社内全体を通じて業務やIT、データセキュリティなどの主要部門が連携し、あらゆるタイプのデータを管理して、コンプライアンスを実現することができます。

詳細はこちら

成功事例

貴社業界向けソリューションの実例をご覧ください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。