c07-retail-v2

実店舗を再定義

デジタルテクノロジーで店内でのショッピングエクスペリエンスを強化し、データの力を解き放って、実店舗をさらに有効活用します。

店内でのカスタマーエクスペリエンスを強化

購買傾向がオンラインに移行しつつあっても、店内でのエクスペリエンスは顧客満足度とロイヤリティに大きな影響を及ぼします。小売業者は、各種システムの顧客データを統合することにより、店内でのエクスペリエンスを集客と販売促進にどのように活用すればよいか理解することができます。

c09_retail_grocery
c09_retail_vr

革新的なデジタルテクノロジーを活用

拡張現実(AR)などのデジタルテクノロジーにより、楽しく魅力的な顧客エンゲージメントを可能で、特にファッションやインテリアなどの小売業者では、ARアプリの開発を積極的に行っています。商品に関する包括的な情報を提供することで、このようなアプリケーションを広告の手法から実際の売上につなげることができます。

適正な商品在庫

商品棚の必要スペースは、オンライン販売やBOPIS(オンラインで購入して店舗で受け取る)を考慮しなくても、判断しづらいものです。複数の販売チャネルの良質なデータを統合することで、顧客の行動と需要に基づいて商品を必要とする場所が分かります。

c09_retail_warehouse

詳細はこちら

成功事例

貴社業界向けソリューションの実例をご覧ください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。