c01-analytics

アナリティクス

状況に合わせた完全で信頼できるデータを活用して業務上の意思決定の質を高める

迅速で正確なインサイトが、質の高い業務上の意思決定を実現

顧客離れの減少や販売/マーケティングのパフォーマンスの最適化、医療効果の向上など、企業はさまざまな目標の達成に向けて活動を推進していますが、これらの目標を達成するには、ビジネスリーダーが正確な意思決定を迅速に行う必要があります。しかし、すべてのデータを統合することは複雑で、データを迅速かつ効率的に提供することは簡単ではありません。

アナリティクスの質は、基盤となるデータの質によって決まります。また、アナリティクスのスピードは、データを管理するプラットフォームのスピードによって決まります。

例えば、以下のようなデータで業務上の価値を提供することは難しいでしょう。

  • 質が低い、または不完全なデータ
  • 古いデータ
  • 連携のない数十ものアプリケーションにサイロ化されたデータ
  • 自社の管理下にない外部のソースから取得したデータ
c09-solutions-NGA-fast-actionable-insights IDC社は、2020年までに、あらゆる関連データを分析して実用的な情報を提供できる企業は、アナリティクスを重視しない同業他社と比べて、4,300億ドル相当の生産性向上を達成するだろうと予測しています。
c09-solutions-NGA-data-make-sense McKinsey & Company社が実施した調査では、回答者の86%が自社のデータ/アナリティクスプログラムの主要目標の達成に関して、「最大限好意的に見ても、ある程度の成果しか出ていない」と述べています。

ビジネスに最適なデータを提供

信頼できるタイムリーなデータを提供するには、下記の各データに対応できるデータ管理プラットフォームが必要です。

  • オンプレミスおよびクラウド環境に置かれているデータ
  • 構造化、半構造化、非構造化データ
  • あらゆるソースおよびアナリティクスアプリケーションから取得したデータ

また、リアルタイムレポーティングや予測アナリティクスなど、将来実施する可能性のある新しいアナリティクスイニシアチブもサポートする必要があります。

重要なのは、データを総体的に管理して業務部門に迅速に提供し、さらにそのデータを業務担当者が自ら管理できるセルフサービスのツールを提供することです。

生データを迅速にビジネスの成果へつなげる

インフォマティカは、データの複雑化とアナリティクステクノロジーの変化に対応しながら、データ配信を加速しなければならないというニーズを理解しています。

このような理解に基づくインフォマティカのデータ管理プラットフォームにより、以下のことを実現できます。

  • あらゆるタイプのデータソース(レガシートランザクションデータ、ソーシャルデータ、センサーデータ)に接続し、現状を迅速に評価
  • さまざまなデータソースを統合することで、コンテキストのある完全なデータビューを作成
  • 生データを高品質で信頼できる完全な情報へと精査し、変換
  • 手作業で行っていたデータアクセスや統合プロセスを、繰り返し実行できるプロセスとして運用化
c09-solutions-NGA-raw-data-bus-results TDWI社の調査によると、回答者の42%が、単一のベンダーが提供するデータ管理ツールの統合スイートの一部として、DIツールを利用したいと考えていることが明らかになっています。

成功事例

JLL Delivers Marketing Intelligence for Commercial Real Estate Investing.

詳細情報

Life Time Fitness relies on Informatica Cloud for business...

詳細情報

Land O’Lakes thinks cloud first for long term technology...

詳細情報

 

 

インフォマティカのソリューション

データウェアハウジング

信頼できるデータを必要な場所に必要なタイミングで提供して、データウェアハウスの実装開始、拡張、成功を実現。

ビッグデータ アナリティクス

あらゆるタイプやサイズのデータを入手し、最もビジネスに効果的なインサイトに変える。

リアルタイム アナリティクス

データの品質を高めてリアルタイム アナリティクスを推進し、IT 部門を強化し、サービスレベル契約と目標を達成。

クラウドアナリティクス

データをフル活用して、業務上の価値を高め、業務の生産性を向上させ、より多くの顧客との緊密な関係を構築。

Informatica for Tableau

信頼できるデータから新しいインサイトを収集し、ビジネスの成果と競争力の向上を実現

アナリティクス向けデータブローカー

データソースから連携データマート/ウェアハウスへのポイント接続数を削減。

 

インフォマティカの製品戦略担当バイス・プレジデントのデイヴィッド・ライル(David Lyle)が、お客様との経験に基づくデータウェアハウス最新化の効果的なアプローチを紹介します。

動画をご覧になり、 @leanlyle までご意見をお寄せください。

動画はこちら (英語)

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションをお試しください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。