c07-cloud-amazon-3321

Amazon Redshiftの能力を最大限に活かすクラウドデータウェアハウジングを実践

クラウドデータウェアハウジングを活用し質の高いアナリティクスインサイトを獲得するためのデータ管理ベストプラクティス

ビッグデータは、あらゆる業界の環境を大きく変えつつあり、企業はより迅速により質の高い意思決定を下すことができるようになりました。しかし、日々膨大な量のデータが生成されている現状を踏まえ、企業は高度なアナリティクスへのニーズに応えるため、Amazon Redshiftを活かしたクラウドデータウェアハウジングに目を向けています。

c25-cloud-amazon-3321

以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

c25-cloud-amazon-3321

以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

c25-cloud-amazon-3321

以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

本ワークブックは、新しいクラウドデータウェアハウスの構築、既存のデータウェアハウスのAWSへの拡張、オンプレミスのデータウェアハウスからAmazon Redshiftへの完全な移行という一般的な3つの使用事例をベースに、実践的なアドバイスを提供します。 

「Amazon Redshiftの能力を最大限に活かすクラウドデータウェアハウジングを実践」の内容は次の通りです。

  • データ戦略においてクラウドを活用すべき理由
  • Amazon Redshiftによるクラウドデータウェアハウジングの3つの一般的な使用事例 
  • クラウドへの移行方法(ステップごとの演習と実践的なアドバイスを含む)

本ワークブックを活用して、Amazon Redshiftの能力を最大限に活かすクラウドデータウェアハウジングの計画を進めてください。