c07-data-lake-cloud-3457

クラウドデータレイクのデータ管理

セルフサービスアナリティクスのためのクラウドデータレイク管理のベストプラクティスをご覧ください。

クラウド/ハイブリッドデータレイクを確立することで、クラウドおよびオンプレミスのソースから非常に多岐にわたりタイプが異なるデータを取り込むことができます。実用性に優れた信頼できるデータをこれまで以上に効果的かつタイムリーに提供し、インテリジェントなインサイトを獲得することが可能になります。このような環境に適したデータ管理アーキテクチャとは、どのようなものなのか。どうすればメタデータなどがないデータを大規模に取り込むことができるのか。

c25-data-lake-cloud-3457

インフォマティカに関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

.
c25-data-lake-cloud-3457

インフォマティカに関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

.
c25-data-lake-cloud-3457

インフォマティカに関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

.

『TDWI Checklist:Data Management for Data Lakes in the Cloud』が、その答えを提供します。具体的な内容は次の通りです。

  • データレイクと他のマルチプラットフォームデータアーキテクチャ間におけるデータ交換
  • クラウドデータレイク管理ソリューションは、従来および最新の管理ベストプラクティスの両方をサポート
  • クラウドデータを他の目的に再利用

最も効果的なクラウドデータレイクを設計する方法を学ぶことで、あらゆるデータ主導のデジタルトランスフォーメーションイニシアチブの基盤を構築することが可能になります。