c01-certification-v2

データセキュリティ トレーニングと認定

 

Data Security Group (以前の ILM) ソフトウェアによって、IT 部門は優れたコスト効率でデータの増加に対応し、レガシー システムとアプリケーションを安全に運用停止し、テストデータ管理を最適化して、機密データを保護することができます。データ ライフサイクルの全フェーズにおける IT 部門の知識を評価する本試験には、2 つのレベルがあります。

ILM データアーカイブ: 開発者、スペシャリスト

この試験は、標準プロジェクト実装チームの正式メンバーとしての能力をテストします。この試験の合格者には、具体的な製品機能の使用におけるILM DA開発者としての能力が認められます。

ILM テストデータ管理: 開発者、スペシャリスト

この試験は、プロジェクト実装チームにおけるメンバーとしての能力をテストします。この試験には、サブセットとマスキングをはじめとしたテストデータ管理機能の詳細な知識の評価が含まれます。必要な能力は、データベース接続の設定、メタデータのインポート、キーおよびデータドメインの検出、サブセット用のエンティティ、グループ、テンプレートの作成、データマスキング用のルールとポリシーの作成です。

関連資料

関連商品とソリューション

データセキュリティ

機密データがさまざまなシステムに蔓延する前に、データソースで機密データを定義、分析、保護することでセキュリティを確保します。

Data Archive

レガシーアプリケーションをリタイアメントし、運用環境にあるデータの増加をコントロールすることで、アプリケーションのパフォーマンスを改善しつつコンプライアンスを順守できる構造化データのアーカイブソリューションです。

データマスキング

データのセキュリティとプライバシーをコントロールすることで、機密性の高い個人情報やその他の企業機密情報への不正アクセスを防御し、漏えいリスクを回避します。

テストデータ管理

開発のニーズに応じて非運用データセットを安全に自動プロビジョニング

導入に関してお悩みのことはありませんか?

ご相談ください

インフォマティカのエキスパートがあらゆるご質問にお答えします。