c01-data-governance-v2

顧客データの保護

社内にある機密性の高い顧客データを、保存場所を問わず、検出して保護。

概要

データを利用する環境の複雑化と分散化が進むのに伴い、データに関わるリスクも高くなります。アプリケーションやネットワークを保護するための効果的なテクノロジーリソースは存在するものの、データ侵害の事案は増加しているのが現状です。企業は、プライバシー規制や業界規制へのコンプライアンスを確保しながら、機密データを特定、監視、保護しようと四苦八苦しています。保護医療情報(PHI)や個人を特定できる情報(PII)など、機密性の高い顧客データ/個人データの検出と保護に十分に対応できていません。企業はデータリスクに重点的に取り組まなければなりませんが、どこから手を付ければいいのかを理解している企業はほとんどありません。  

c03-solution-dg-customer-data
c03-solutions-woman-tablet

アナリティクスによるリスクの軽減

急増する機密データへ対応するには、アナリティクス、インテリジェンス、自動化を活用する必要があります。機密データの保存場所とそのリスクレベルを評価しなければなりません。機密データの場所、保護状況、蔓延、コスト、アクセス挙動に関するデータインテリジェンスと一元表示に加え、すべてのデータリソースとデータタイプに対応可能な自動改善機能が必要です。また、データを評価、改善、監視して、プライバシー規制や業界規制へのコンプライアンスを確保しなければなりません。 

数々の賞に輝く実証済みのアプローチ

インフォマティカは、探索、リスク分析、監視/アラート通知、データ保護のための、数々の賞に輝くテクノロジーを提供しています。特定のベンダーに依存しない、クロスプラットフォームのサポートを通じて、リレーショナルプラットフォーム、ビッグデータプラットフォーム、クラウドプラットフォームを幅広くカバーしています。メタデータ管理機能を豊富に備えたIntelligent Data Platformにより、このタイプの情報を広範囲にわたって探索、検出、保護、監視できます。 

c03-solutions-roof-tiles

関連資料

成功事例

UPMC used a collection of Informatica products to improve...

詳細情報

Vale delivered archived data compression rates averaging...

詳細情報

Hot Telecommunication quickly gained compliance with...

詳細情報

関連ソリューション

法規制へのコンプライアンスを徹底

業務部門、IT部門、データセキュリティ部門が連携して社内の全データタイプを管理することで、コンプライアンスを確保。

連絡先データの検証

連絡先データの最新性、正確性、完全性を維持することで、最適なタイミングで顧客に連絡。

GDPRへのコンプライアンス

GDPRデータリスクを管理することで、コンプライアンスを確保して、顧客イニシアチブで高品質のデータを活用。

各種お問い合わせ

無料体験版

インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションを体験してみてください

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。