c01-data-governance-v2

連絡先データの検証

連絡先データの最新性、正確性、完全性を維持することで、最適なタイミングで顧客に連絡。

概要

企業にとって、信頼できる連絡先/アドレスデータソースは不可欠な要素です。これらの情報を活用することで、適正な製品を、適正な時に、適正なターゲットに向けて効果的に販売できます。連絡先データは社内のさまざまな部門が使用するため、その検証は総体的に行わなければ、無駄にリソースを費やすことになってしまいます。電子メールアドレスを検証する場合は、アドレスの正確性に加え、安全性を確認(ISPブラックリストなどを利用)することも非常に重要です。

連絡先データ検証のビジネスケースを作成

c03-solutions-two-people

その場しのぎの対応では不十分

多くの企業は、データの品質に関して「必要十分」なソリューションを選択します。連絡先データの基本的な問題点(構文など)を確認するためのソリューションは数多くありますが、こうしたシンプルな検証では総体的なデータ品質計画には対応できません。データの正確性や信頼性に加え、完全性も確認できる、検証機能とエンリッチ化機能を兼ね備えたソリューションはそれほど多くは存在しません。

比類ない検証機能とエンリッチ化

インフォマティカの連絡先データ検証ソリューションは、その規模、正確性、全世界を通じたアクセシビリティにおいて、他の追随を許さないソリューションであり、総体的な連絡先データ品質計画の基盤となります。このソリューションにより、連絡先データを検証してエンリッチ化することができます。組織の規模を問わず、自社のデータを検証およびエンリッチ化し、顧客の連絡先データの検証結果を利用して、1)顧客の住所が正確であること、2)顧客の電子メールアドレスが正確かつ安全であることを確認できます。 



c03-solutions-library2

関連資料

成功事例

UPMC used a collection of Informatica products to improve...

詳細情報

GWU relies on Informatica to inform decision making...

詳細情報

Informatica helped Fannie Mae ensure clean and correct...

詳細情報

関連ソリューション

法規制へのコンプライアンスを徹底

業務部門、IT部門、データセキュリティ部門が連携して社内の全データタイプを管理することで、コンプライアンスを確保。

GDPRコンプライアンスの確保

GDPRデータリスクを管理することで、コンプライアンスを確保して、顧客イニシアチブで高品質のデータを活用。

顧客データの保護

社内にある機密性の高い顧客データを、保存場所を問わず、検出して保護。

各種お問い合わせ

無料体験版

インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションを体験してみてください

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。