c01-data-security-v2

データセキュリティ

機密データを探索、分類、改善、監視して、データのプライバシーと保護を実現

AI-driven Data Privacy
& Protection

On-demand virtual event
for critical data protection

Watch Now

多くの組織がデジタルトランスフォーメーションを推進するなか、企業データのプライバシーと保護に対するニーズが発生しています。組織は、データプライバシーに関する新しい法律や既存の規制の強化に対応しなければなりません。加えて、データの急増と蔓延にも直面しています。データ、使用事例、保存場所は、かつてないほど増えています。 

サイバーセキュリティに数十億ドルもの投資を行ってきた組織であっても、依然として顧客データ、従業員データ、パートナーデータの不正利用や損失に苦しんでいます。組織におけるデータ損失は2017年に87%増加しており、法規制へのコンプライアンスや顧客からの信頼に打撃を与えています。

 

key-features-icon.png

インフォマティカのデータプライバシーと保護の利点

個人データや機密データの探索、データ移動の把握、アイデンティティのマッピング、リスクの分析、AI主導の提案に沿った改善措置を実現。

機密データの特定、分類、把握

すべてのデータプラットフォームおよびデータタイプにわたって可視性を獲得。

アイデンティティのマッピング

データ主体やアイデンティティのインデックス化、インベントリ作成、検索を実行。

データリスクの分析と追跡

機密データの継続的リスク分析を実行。

リスクの計画、改善、監視

オーケストレーションと保護の自動化により、不正アクセスからデータを保護。

コンプライアンスリスクへの対応

欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)により、企業は最高で年間収益の4%という高額な罰金を科せられる可能性があります。  GDPRは、企業に対してデータプライバシーのリスクを把握し、消費者の個人情報が不正に公開されるリスクを低減するための適切な措置を講じることを義務付けています。

調査により、次のような要因から、企業でのデータ保護が困難になり、さらに情報の保護に関する企業の責任が増え続けていることが明らかになっています。

  • 前年比でデータ侵害が引続き増加(38%、PWC社)
  • 知的財産の盗難が大幅に増加(56%、PWC社)
  • データ侵害に伴うコストが引続き増加(インシデントあたり400万ドル、Ponemon)
  • 新しいプライバシー規制(一般データ保護法—GDPR)
  • 取締役会ではCEOと幹部に違反の責任を負わせている(NYSEの調査)

こうした状況において、企業は自社の機密データとそのリスクを完全に理解し、ポリシーおよびプライバシー法規へ確実に準拠しなければなりません。また、疑わしい行為や不正なデータアクセス、データ転送を監視し、セキュリティ管理、アラート、通知などによって是正措置を施す必要があります。    

成功事例

Vale delivered archived data compression rates averaging 95 percent, and saved $1 million annually in storage costs...

詳細情報

Hot Telecommunication quickly gained compliance with...

詳細情報

UPMC used a collection of Informatica products to improve...

詳細情報

関連資料

受賞歴

Info Security Products Guide誌の2018 Global Excellence Awardsでインフォマティカが最優秀賞を受賞。

2018-info-security-global-excellence-grand

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。