c01-data-masking

データマスキング

不正アクセスから
機密データを保護。

key-features-icon.png

主な機能

データを匿名化しマスキングすることで、サポートやアナリティクス、テスト、アウトソーシングでの使用時に、機密データの匿名性を確保します。

データのプライバシー保護に関する法規への完全なコンプライアンス

個人情報、医療情報、信用情報をまとめて匿名化して、複雑な国際プライバシー法および規制に適合できます。

パワフルなマスキング機能

複数のシステムにわたって幅広いマスキング機能を繰り返し実行できるので、信頼性と精度が高いビジネスプロセスを確保できます。

パフォーマンス

動的データマスキングの高速エンジンは、ユーザーのスループットに一切影響を与えません。永続的データマスキングをスケールアップすることで、大規模なテスト/アウトソーシング/アナリティクスのプロジェクトの数テラバイトに及ぶデータのマスキングを実現できます。

役割ベースのマスキング

ユーザーの役割と場所に基づく動的データマスキングは、ユーザーの場所によって異なるデータセキュリティとプライバシーポリシーをサポートします(例えば米国でのデータアクセス vs. スイスでのデータアクセス)。

データの接続性

データの統合と管理における長年の経験を背景に、インフォマティカは包括的な統合とコネクタを開発しました。

モニタリングおよびコンプライアンスレポートの作成

データセキュリティとプライバシーの担当者は、対象の機密データがマスキングされ、セキュリティとプライバシーポリシーを満たしていることを検証できます。

データマスキング製品

Dynamic Data Masking

ユーザーのアクセス時、元のソースデータを変えることなくデータをマスキング

Persistent Data Masking

格納しているデータやテスト、サポート、アウトソース環境用にコピーしたデータをマスキング

成功事例

cc01-hot-telecom.png
Hot Telecommunications

Hot Telecommunication quickly gained compliance with regulations and accelerated development of telecom solutions

cc01-vale.png
Vale

Vale delivered archived data compression rates averaging 95 percent, and saved $1 million annually in storage costs