データマネジメントでESG活動報告のハードルを越える方法

Nov 07, 2022 |
インフォマティカ編集部

上場および非上場の金融サービス機関では、ESG(環境・社会・ガバナンス)報告義務を遵守するための新しい法律において、データに改めて焦点を置くことが求められています。しかし、多くの企業は、これらの義務に準拠するために必要なコストや時間をデータの問題に取り組んでいます。このようなハードルを乗り越え、多額の罰金を回避するには、どうすればよいのでしょうか。その鍵を握るのが、データマネジメントです。

なぜデータマネジメントがカギとなるのか、背景をご説明します。
ESGサステナビリティレポートは、もはやほとんどの国で任意で作成されるものではありません。
以下は、企業が遵守しなければならない、または近い将来遵守することになる規則や規制のほんの一部です。

  • 持続可能な金融情報開示規則(SFDR)とEUタクソノミは、2021年3月に欧州連合で稼働し、11,000社に影響を及ぼしました1
  • 証券取引委員会は、2022年3月に投資家向けに気候関連開示を提案した2
  • その直後の2022年4月6日には、英国でTCFD(Task Force on Climate Financial Disclosures)が稼動し、1,300社以上に影響を与えました3
  • 業界では、SFDRレベル2が2023年1月に稼動し4、新たに導入される企業持続性報告指令(CSRD)は2024年1月に稼動すると現時点では予想されています5

100のCDOがESGデータに関する課題を共有

これらの動向を踏まえ、私の同僚であるピーター・クー(金融サービス担当副社長兼チーフストラテジスト)と私は、FIMA Europe6と協力して、欧州と北米の企業が現在直面しているESGデータの課題を調査しました。
私たちの発見は、最新レポート「Data dividends: 情報インフラの強化」 で紹介されています。

このレポートでは、WBRインサイツが2022年第3四半期に欧州と北米のバイサイドとセルサイドの企業から100名の最高データ責任者と同様の肩書きの人を対象に調査を実施しました。特にESGサステナビリティレポートを中心に、これらのエグゼクティブが現在直面しているデータの課題と、それに対応できる革新的なソリューションについて取り上げています。

その結果、回答者のほぼ半数が、データはビジネス基盤の一部として組み込まれていると回答しました。
しかし、経験豊富なデータ専門家ならご存知のように、そのデータはクリーンで信頼できるもの、言い換えれば、"ビジネス利用に適したもの "である必要があります。その他の調査結果では、

  • 回答者の47%が、サイロ化したデータ環境に関する課題に取り組むために、25%から50%の時間を費やしています。
  • さらに23%は、複数のデータソースから適切なデータを探し出すことに、最大で75%の時間を費やしています。
  • 回答者の45%は、成熟したESGデータ管理及び報告プロセスを既に持っていると述べていますが、成熟し自動化 されたプロセスを持つのは14%に過ぎません。

これらの数字を見ると、AIを活用したデータガバナンスデータ統合を採用し、時間とリソースを節約してデータマネジメントを統一することに大きな責任があることは自明であると言えるでしょう。

自動化への投資は効率と精度の向上につながりますが、まだ多くの回答者が自動化を実施していません。
ESGサステナビリティ報告の規制的性質を考慮すると、手動プロセスを導入することは、人為的ミスのリスクを大幅に高め、不正確な報告につながり、結果として規制当局の罰金につながる可能性があるのです。

 

データガバナンス・コントロールの欠如がESG報告書の不備につながる理由

すでに、規制当局による企業への罰金処分が始まっています。2022年5月23日、米国証券取引委員会(SEC)はBNYメロンに対し、ESGの虚偽記載を理由に150万ドルの罰金を課しました7。したがって、企業にとって、ESG報告が正確で、監査可能で、検証可能であることを保証するために、適切なデータガバナンスコントロールを実施することが最も重要なことなのです。

英国の銀行のCEOは、英国の規制当局から "Dear CEO "レターを受け取ることがどれほど残念なことか、おわかりになるでしょう。

EUの規制当局の多くは、これと同等のプロセスを導入しています。166条熟練者レポートのトリガーとなり得るものは数多くあり、例えば、監督当局の訪問後に確認された懸念、テーマ別レビュー後に引き起こされた懸念、あるいは会社での開発または事件の結果などが挙げられます。しかし、一般的には、規制当局への報告に関するガバナンスの欠如が最大の引き金となっています。8

興味深いことに、この調査では、CDOの45%が使用するデータの系統の検証に1~23時間、20%が最大5日間を費やしていることが明らかになりました。この統計データを見る人によっては、規制当局の観点から、ガバナンス、統制、リスク管理、データ、ITインフラといった分野での統制が不十分であることを示唆しているかもしれません。

したがって、CEOをサポートし、CFOとCDOが協力して、特にESG規制報告のために、ビジネスオペレーティングモデル全体で堅牢なESGデータガバナンスフレームワークとESGデータの統合を確保することも極めて重要です。

 

今後拡大するESG報告要件に対応するために

ESG報告は複雑な状況です。グローバルな目標や原則、報告フレームワーク、ESG格付けや指標、ESG規制が多数存在します。グローバルな投資ポートフォリオを持つ国際的な投資家は、気候やその他のESGに関する企業による高品質で透明性、信頼性、比較可能性のある報告を求めるようになっています。

2021年11月3日、IFRS財団評議委員会が、この需要に応えるために、新しい基準設定委員会である国際サステナビリティ基準委員会(ISSB)9の創設を発表したことは、心強いことです。ISSBの意図は、投資家やその他の資本市場参加者に、企業の持続可能性に関連するリスクと機会に関する情報を提供し、情報に基づいた意思決定を支援する、持続可能性関連の開示基準の包括的なグローバル・ベースラインを提供することであります。

2022年5月20日、G7の財務大臣と中央銀行総裁は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(ISSB)が設定するグローバル基準を支持し、採用する意向を伝えました10。この決定は、G7諸国内で事業を行う7万社以上の企業に影響を与え、これらの企業もESG規制報告の対象となります。

ESG規制報告要件が飛躍的に上昇し、これらの数値が検証され監査される必要があるため、強固なESGデータガバナンスの枠組みを持つことが不可欠となります。

1https://www.bloomberg.com/professional/blog/the-relationships-between-sfdr-nfrd-and-eu-taxonomy/
2https://www.sec.gov/news/press-release/2022-46
3https://www.unepfi.org/climate-change/tcfd/#
4https://ec.europa.eu/finance/docs/level-2-measures/C_2022_1931_1_EN_ACT_part1_v6%20(1).pdf
5https://finance.ec.europa.eu/capital-markets-union-and-financial-markets/company-reporting-and-auditing/company-reporting/corporate-sustainability-reporting_en 6https://fimaeurope.wbresearch.com/
7https://www.sec.gov/news/press-release/2022-86
8https://www.fca.org.uk/about/how-we-regulate/supervision/skilled-persons-reviews
9https://www.ifrs.org/groups/international-sustainability-standards-board
10https://www.ifrs.org/news-and-events/news/2022/05/issb-chair-emmanuel-faber-responds-to-g7-communique/