c07-data-integration

事例:セイコーエプソン株式会社

社内システムのグローバルな全体最適化に向け

「Informatica MDM」でデータ統合基盤を構築

以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

インフォマティカは、次のプライバシーポリシーに従って、提供されたデータを使用します: プライバシーポリシー.

このサイトは、reCAPTCHAによって保護され、Googleのプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

インフォマティカは、次のプライバシーポリシーに従って、提供されたデータを使用します: プライバシーポリシー.

このサイトは、reCAPTCHAによって保護され、Googleのプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

インフォマティカは、次のプライバシーポリシーに従って、提供されたデータを使用します: プライバシーポリシー.

このサイトは、reCAPTCHAによって保護され、Googleのプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

大手電気機器メーカーのセイコーエプソンは、個別最適で構築されてきた業務システムのあり方を見直し、世界規模での業務システム/プロセス/データの標準化・統廃合に力を注いでいます。そのIT施策で中心的な役割を担っているのが、インフォマティカのマスターデータ管理(MDM)製品「Informatica MDM」であり、同製品を含むデータ統合基盤「InformaticaIntelligent Data Platform 」です。その導入効果など詳細は、本資料をご覧ください。