c01-cloud-integration-v2

Cloud B2B Gateway

最先端の管理機能と
モニタリングツールで
B2Bプロセスを効果的に管理

概要

B2Bの統合は極めて重要ですが、決して簡単ではありません。使用する統合ツールの質が低いと顧客のオンボーディングに時間がかかるだけでなく、運用コストは膨れ上がり、統合自体も必要以上に複雑化してしまいます。データ統合によって、顧客のニーズや市場の動きにすばやく対応する能力が損なわれてしまっては意味がありません。

次世代のB2BソリューションであるInformatica Cloud B2B Gatewayは、クラウドインターフェイスを通じて、パートナーネットワーク間でのセキュアなデータ交換を自動化するとともに、変化するデータ規格に合わせて進化していくことができるように構築されています。インフォマティカは、パートナーがオンプレミスやマルチクラウド、ハイブリッドなど、どのアプローチを採用している場合でも効果的なコミュニケーションを支援するB2B統合ソリューションを提供しています。

c09-cloud-b2b-gateway-v2

EDIを含む柔軟な形式

Cloud B2B Gatewayでは、あらかじめ組み込まれているウィザード形式のインターフェイスを通じて、通信プロトコルを簡単に定義できるとともに、電子データ交換のモニタリングと管理、またEDIをはじめとするバックエンドシステムへのメッセージ標準を柔軟に処理することで、ビジネスパートナーのセットアップを短時間で実行できます。市場をリードするインフォマティカの統合機能を活用し、Cloud B2B Gatewayで堅牢なマッピングとカスタムのビジネスロジックを設計してください。

 

監視と管理を簡素化

Cloud B2B Gatewayが提供する豊富な追跡機能と監視機能により、交換したファイルに関わる潜在的な問題やSLAの要件に影響を及ぼすその他の状況に関わる潜在的な問題を明らかにできます。インフラストラクチャやセキュリティのモニタリングはInformatica Cloud B2B Gatewayに任せ、後はパートナーとの関係に集中することができます。

 

 

Informatica Cloudに対応

Cloud B2B Gatewayは、インフォマティカが提供する最先端のiPaaSのセキュリティと信頼性を活用します。このため、インフラストラクチャに追加で投資する必要なしに、卓越した運用環境の向上に集中できます。また、あらかじめ定義されているマッピングにより、既存の標準に対して最新のクラウドアプローチを適用できます。

 

 

key-features-icon.png

主な機能

Expedite partner onboarding and management using Cloud B2B Gateway wizards and pre-built EDI processing mappings.

Use Informatica Intelligent Cloud Services (IICS) to add distinct business logic for processing EDI and other messages to your specific back-end system or to extract messages from your back-end system.

Easily enable, test, and then move EDI messages with trading partners directly to production.

Provide self-service ability to trading partners for configuring integrations and to simplify interactions for less technically savvy partners.

Track and monitor your EDI exchange with your partners with full and clear visibility into any error situation.

Automatically discover and create new data models based on machine-learning algorithms.

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。