c07-gartner-dq-17-3375

ガートナー社の2017年
データ品質ツールのマジック・クアドラント

インフォマティカ、11年連続で「リーダー」に位置付けられる

インフォマティカに関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

インフォマティカに関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

インフォマティカに関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

インフォマティカは、11年連続でガートナー社のデータ品質ツールのマジック・クアドラントで「リーダー」に位置付けられました。

Magic Quadrant for Data Quality Tools

Informatica Data Qualityは、データの信頼性と管理性を確保することで、企業の核となる以下のビジネスイニシアチブを促進します。

  • カスタマーエクスペリエンス:企業の最も大切な資産であるお客様に、期待どおりの優れたエクスペリエンスを提供します。
  • 次世代のアナリティクス:業務担当者は質の高いデータで分析を行うことにより、データへの理解を深め、分析結果を信頼することができます。
  • データガバナンス:一貫して信頼できるデータでデータガバナンスプログラムを強化することによって、法規への完全なコンプライアンスを確立すると共に、社内全体でプラスの成果を生み出していくことが可能になります。

 

Informatica Data Qualityは、業務部門とIT部門両方のリーダーが利用できるように設計されています。企業が現在だけでなく将来必要とする規模とスピードにも対応できます。以下でレポート全文をダウンロードし、ガートナー社がインフォマティカを11年連続で「リーダー」に位置付けた理由についてぜひご確認ください。

業務上不可欠なビジネスプロセスや意思決定能力を高めるデータの正確性、整合性、完全性を実現するツールを用いて、データ主導のデジタルトランスフォーメーションを大幅に向上させたいとお考えですか?そのための最適なパートナーを選ぶ際に、ガートナー社のデータ品質ツールのマジック・クアドラントは理想的な参考資料となります。

本図は、ガートナー社の発行するレポートの一部であり、評価するにはレポート全体をご覧いただく必要があります。

ガートナー社は、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナー社は、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

ガートナー社のデータ品質ツールのマジック・クアドラント、 Mei Yang Selvage氏、Saul Judah氏、Ankush Jain氏共著、2017年10月24日