c07-gartner-mq-3760

エンタープライズメタデータ管理の業界リーダー

インフォマティカがガートナー社の2019年メタデータ管理ソリューションのマジック・クアドラントにおいて、4年連続で「リーダー」に位置付けられる

メタデータは、エンタープライズのマルチクラウド/ハイブリッド環境にまたがるすべての情報を理解するための基盤となります。このような業務上重要な資産を管理する際には、メタデータ管理に定評のあるパートナーを選択して、インテリジェンスと自動化をエンタープライズ規模で推進する必要があります。

ガートナー社のメタデータ管理ソリューションのマジック・クアドラントにおいて、インフォマティカは4年連続で「リーダー」に位置付けられています1

以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

インフォマティカは、次のプライバシーポリシーに従って、提供されたデータを使用します: プライバシーポリシー.

このサイトは、reCAPTCHAによって保護され、Googleのプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

インフォマティカは、次のプライバシーポリシーに従って、提供されたデータを使用します: プライバシーポリシー.

このサイトは、reCAPTCHAによって保護され、Googleのプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

以下のフォームに必要事項をご入力ください。このコンテンツをメールでお送りいたします。

すべて必須入力項目です。

インフォマティカは、次のプライバシーポリシーに従って、提供されたデータを使用します: プライバシーポリシー.

このサイトは、reCAPTCHAによって保護され、Googleのプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

metadata-management-magic-quadrant-2019 Magic Quadrant for Metadata Management Solutions

イノベーションに定評のあるインフォマティカのメタデータ管理ソリューションは、次のような特徴を備えています。

  • ビジネス目標に応じた幅広い使用事例:データガバナンス、データ分析、リスクとコンプライアンス、データ評価、新しい使用事例など
  • 人工知能を活用した自動化と推奨:Informatica CLAIREエンジンに基づくメタデータ主導のAI
  • エンタープライズクラスの拡張性とパフォーマンス:70種類以上のデータタイプと数千万件のオブジェクトに対応
metadata-management-use-case

変革を推進している企業は、以下の業務上重要なイニシアチブ(従来型および新規)をサポートする、AI主導のインテリジェントなメタデータ管理ソリューションを求めています。

  • データガバナンス—業務部門とIT部門のコラボレーションを推進し、あらゆる分野と規制に対応可能な、エンドツーエンドのデータガバナンス
  • データ分析—あらゆるデータ、ユーザー、パターン、クラウド、コンピューティングエンジンに対応可能な、AI/メタデータ主導のセルフサービス式アナリティクス
  • リスクとコンプライアンス—価値の高い機密データを検出および保護し、実行可能なポリシーやデータ主体の権利をサポート
  • データ評価—「ストア式」のデータディスカバリ/プロビジョニング機能をサポートするデータマーケットプレイスを通じて、データを民主化し、業務成果に基づいてデータを評価
  • 新しい使用事例 —アプリの最新化、データウェアハウスの最新化、ストリーミングアナリティクス、360ソリューション、MDM、説明可能なAI、Data Ops

 

ガートナー社のマジック・クアドラントレポートを無料でダウンロードして、インフォマティカが「ビジョンの完全性」と「実行能力」で最高の評価を獲得した理由をご覧ください。

ガートナー社のメタデータ管理ソリューションのマジック・クアドラント、Guido De Simoni氏、Mark Beyer氏、Ankush Jain氏共著、2019年10月16日

ガートナーは、マジック・クアドラント内に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナー社は、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

本図は、ガートナー社の発行物の一部であり、評価するには発行物全体をご覧いただく必要があります。ガートナー社のレポートは、こちらでご覧いただけます。