c01-cloud-integration-v2

Cloud Mass Ingestion

クラウドベースでストリーミング
ビッグデータを取り込む

c09_web-icon-data-lake

大規模環境でストリーミングデータを取り込む

IICS Cloud Mass Ingestionサービスにより、効率的にストリーミングデータを取り込んで他のターゲットに移動し、リアルタイムアナリティクスを実行できます。ログファイル、クリックストリーム、Kafka、IoTデバイスなど、多様なエッジデータソースからストリーミングデータを収集して、データレイクやメッセージングハブに移動します。

主な機能

ストリーミングデータオーサリングウィザード

このオーサリングウィザードで、データフローを作成して、簡単に展開できます。

エッジデータ変換

フィルタリング、セグメント化、結合など、シンプルでパワフルなエッジ変換機能を利用できます。

リアルタイムモニタリング

包括的な視覚化ダッシュボードやアラート通知機能付きのライフサイクル管理により、データの取り込みプロセスをリアルタイムに監視できます。

ストリーミングの大量取り込み

Kafka、MQTT、ログなどのストリーミングソースおよびKafka、S3、Kinesisなどのストリーミングターゲットをサポート。

ファイルの大量取り込み

AWS S3、Azure Blob、Azure Data Lake、Google Storage、HDFSファイルなどのソースをサポート。AWS S3、Redshift、Azure Blob、Azure Data Lake、Google Cloud Platform、Google BigQuery、HDFS、Snowflakeなどのターゲットをサポート。

柔軟なファイル転送プロトコル

FTP、FTPS、SFTPなど、幅広いプロトコルをサポート。

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。