c01-master-data-management-v2

マスターデータ管理

デジタルトランスフォーメーションのマスター化

Webinar and Demo:
Latest Master-Data Fueled Applications

Watch now

マスターデータ管理とは

マスターデータ管理(MDM)とは、組織の最も重要な情報を特定し、唯一真実のデータバージョンを作成することで、ビジネスプロセスを最適化する手法です。

MDM を完結するには、データ統合、データ品質、ビジネスプロセス管理(BPM)などの数多くのテクノロジーが関与します。以下は、MDM の導入効果です:

  • データを統合異種混合:分散した異種ソースからの集めた重複や不一致のあるデータを、信頼できる基幹業務データとして単一ビューで確認できます。例えば、Rob Barnes さんと Robert Barnes さんが同一人物であることを認識します。
  • データの関係性を 360 度ビューで把握:データ間の関係をビジネスルールとして定義することで、Robert Barnes さんが Razor 社のキックスケーターを持っているというデータと、彼がそれを Target ストアで購入したことを示すデータを組み合わせて認識することができます。
  • 全てのインタラクションを包括するビュー:商品や顧客、チャネルパートナー、その他のデータについて、関連するトランザクションやソーシャルメディアのインタラクションを統合することで、顧客に関するトータルなビューを手に入れられます。

 

完全なMDMソリューションを導入することで、デジタル企業が直面する重要なビジネス目標に対応できます。真のエンドツーエンドソリューションであるInformatica MDMは、モジュール式のアプローチを通じて、カスタマーエクスペリエンス、意思決定、コンプライアンスの向上を実現します。

c09-products-mdm-median-fortune-boost-revenue 平均的な Fortune 1000 企業では、データの活用レベルを 10%高めることで、年間売上を約 20 億ドル高めることが可能になります。

企業には、数多くの業務アプリケーションがあり、財務管理やマーケティング管理、カスタマーサービス管理など、それぞれのシステムがデータを持っています。どのデータも、そのシステム内では「唯一真実」のデータバージョンであるはずです。しかし、業務やシステムの垣根を超えて、組織全体として使える「唯一真実」のデータがなければ、業務間で連携することが難しくなります。

そして、実際に問題が発生した時に初めてマスターデータ管理の重要性に気付きます。顧客がどの商品を購入したのか、売れ筋商品はどれか、どのチャネルで売れているのかを把握できません。関連情報を集めて重要書類を期日までに用意できなければ、コンプライアンス違反となります。マーケティング キャンペーンの効果が上がらなければ、売上に影響します。 

求められる条件

MDM ソリューションはどれも同じではありません。以下の点を重視すべきです:

  • セルフサービス:新しいデジタル環境では、業務担当者自身が業務に関連する情報にアクセスする必要があります。
  • スケーラビリティ:ビッグデータやIoT(モノのインターネット)を実用的なインサイトに変えて、次にすべき最適な行動を予測できる機能が必要です。
  • ハイブリッドIT:最も重要なビジネスデータをさまざまな方法と場所で柔軟に実行できるよう、クラウド、ホスト、オンプレミスをサポートする必要があります。
  • マルチ展開:エンドツーエンドの機能性を損なうことなく、クラウドまたはオンプレミスの展開環境を選べる柔軟性が必要です。
  • マルチドメイン:100以上のドメインをサポート。
  • マルチデータベース:関係性を可視化し、機密データを保護するため、従来型のリレーショナルデータベースとグラフデータベースの両方をサポートする必要があります。
  • マルチ実装:一元管理、統合、共存のレジストリスタイルをサポートしながら、MDM環境の成熟度に応じて切り替えることのできる柔軟性が必要です。
c09-products-mdm-customer-retention-rate システム全体で一貫した顧客ビューを確立した優良企業と、そうでない企業の顧客維持率
c09-products-mdm-number-one インフォマティカは11年連続で顧客ロイヤリティのNo.1に選ばれています。

インフォマティカの優位点

Informatica Master Data Managementは、導入も簡単で、企業ごとに異なるさまざまな課題を解決する優れた柔軟性を提供する、市場で唯一のエンドツーエンドのMDMソリューションです。主な利点は次の通りです。

  • アジャイルな導入:インフォマティカのソリューションは、短時間で簡単に導入でき、データ統合やデータ品質、ビジネスプロセス管理を含むマスターデータ管理に必要なすべての機能を備え、あらゆるMDM要件に対応できます。
  • 業務担当者に焦点:短時間でビジネスプロセスの向上を実現すると共に、データの関係性を明確にして価値のあるインサイトを提供することで、業務担当者に直接価値を提供します。
  • お客様の成功を重視:マスターデータ管理ソリューションに特化した専任部門が、お客様に満足いただけるようにあらゆるマスターデータ要件に取り組み、MDMプロジェクトの成功を支援します。

成功事例

UPMC used a collection of Informatica products to improve research outcomes in the quest to cure various diseases

詳細情報

Informatica empowered scientific and clinical collaboration...

詳細情報

Citrix uses Informatica solutions to gain complete ...

詳細情報

マスターデータ管理製品

マルチドメインMDM

複雑な基幹業務マスターデータの完全かつ正確なビューを獲得して、複雑な問題に対応

IDデータ検証/照合

多言語対応の高精度なIDデータで、業務効率と法規制へのコンプライアンスを向上

Customer 360

顧客情報の戦略的な管理と安全な共有を通じて、カスタマーエクスペリエンスを強化

Cloud Customer 360 for Salesforce

Salesforceにおける取引先および取引先担当者のデータの誤りや矛盾を排除し、スマートな顧客関係を構築

Relate 360

関連するデータ間の関係を正確に把握し、ビッグデータ分析を可能にします。

Supplier 360

サプライヤー/ベンダーの関係および供給される原材料や製品のエンドツーエンドの管理を一元化することで、コストを削減

Product 360(PIM)

さまざまなチャネルを介して販売される商品の情報を一元管理する商品情報管理アプリケーション

購買管理360

製品とサービスをコスト効率の高い方法で迅速に購入できるよう、あらゆる業界の企業を支援します。

Business Process Management

競争優位性をもたらす高度なビジネスプロセスと統合を定義して実装

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。