製造業のインダストリー4.0を推進

AIドリブンなデータマネジメントで産業革新をスピード化

課題

イノベーションのエンジンを加速する

現在の工業メーカーのビジネスプラクティスを再定義する、製造業のパラダイムであるインダストリー4.0の鍵を握るのは、自動化とデータ交換です。

ハイパーオートメーションへの移行

製造プロセスをエンドツーエンドに把握して理解するためのデータがなければ、自動化による成果が最も高い領域を絞り込むのは困難です。

世界的な脅威からサプライチェーンを保護

地域や部門間でサイロ化したシステム/アプリケーションが原因でサプライヤーデータを正確に把握できなければ、経費やコストが増加します。

規制の変化に対応

国内および国際安全規制(OSHA、MSHA、NHTSAなど)へのコンプライアンス違反は、多額の罰金を招く結果になります。

ANALYST REPORT

Aberdeen社のレポート:商品データマネジメントでオムニチャネルプログラムを成功に導く

マスターデータマネジメントで全社の商品データを管理している企業は、年間売上が最大76%伸びています。

成功事例

将来に向かって前進するHoneywell

使用事例

第4次産業革命を推進

次世代の製造業リーダーたちは、ビジネスの意思決定を高め、DXを加速させるために、信頼性と関連性の高いデータに簡単にアクセスする必要があります。

  • 業務の生産性を最適化
  • サプライチェーンの回復力を強化
  • オムニチャネルの商品体験を提供
  • 法規制へのコンプライアンスを徹底

プロセスのデジタル化と異種システムの統合を実現し、DXをグローバルに推進します。 

Rockwool社は、リアルタイムデータとAIを活用することで在庫ピッキングとフルフィルメントの最適化、納期の短縮、エラーの最小化を実現しています。

高品質なデータと高度なアナリティクスを単一ビューで可視化し、サプライチェーンの透明性、俊敏性、応答性を確保します。 

Foster’s Group社は、世界各地の業務を単一の統合ビューで可視化し、顧客需要に合わせた生産によって効率的なサプライチェーンを実現しています。

さまざまなチャネルで優れた商品体験を提供するためには、豊富な商品データをすぐに利用できることが重要です。

BMW Group社は、複雑な製品コンテンツの最適な管理を実現して、次世代の顧客体験を提供しています。

サプライヤーと製品のマスターデータを一元化して、一貫性と品質をグローバルに維持。各国の市場とグローバルなコンプライアンス要件を満たします。

Bradley Corporation社は、代理店顧客とエンドユーザーの詳細なコンプライアンスデータの管理環境を確立することで、コンプライアンスリスクの最小化を実現しています。

お勧めの関連資料

インテリジェントなデータマネジメントの可能性

White paper

人工知能が組織をデータドリブンでインテリジェントに変える方法

詳細はこちら
Demo video

Modernize Analytics with Data Engineering in the Cloud

詳細はこちら
solution brief

データの力を解き放つ~データガバナンスとデータプライバシーにおける13社のイノベーション成功事例集

詳細はこちら
Ebook

クラウドネイティブではないマスターデータ管理に隠された5つの落とし穴

詳細はこちら
スワイプ

製品

製造業のDXを推進

インダストリー4.0を推進するAI駆動のクラウドデータマネジメント。

マスターデータマネジメント

信頼性の高い基幹業務データを提供することで、業務を最適化し、多くの情報に基づいた意思決定を支援します。

Product 360(PIM)

あらゆる販売チャネルにわたって複雑な商品情報を一元管理

Supplier 360

サプライヤー/ベンダーの関係および供給される原材料や製品のエンドツーエンドの管理を一元化することで、コストを削減

Customer 360

顧客情報の戦略的な管理と安全な共有を通じて、顧客体験を強化

Enterprise Data Preparation

信頼できるデータをインテリジェントに探索および準備して、アナリティクスプロジェクトやAI/MLプロジェクトを推進。

データエンジニアリング

アナリティクス/AI用データパイプラインの取り込み、準備、管理をクラウドで実行。

データ品質

データの規模、形式、プラットフォーム、テクノロジーに関係なく、高品質な信頼できるデータをすべてのプロジェクトやイニチアチブに提供。

クラウドサービス

iPaaSのイメージを刷新し、エンドツーエンドの重要なクラウドデータ管理とマイクロサービスアーキテクチャまでを網羅

大手メーカーがインフォマティカを採用しています。その理由は?

成功事例はこちら