c01-test-data-management

テストデータ管理

テストや開発に利用するためのデータセットをセキュアに自動プロビジョニング

 

key-features-icon.png

主な機能

アプリケーションを利用する部門や、インフラストラクチャとオペレーションを管理する部門、開発者、テスト担当者、品質評価やコンプライアンス管理部門などの幅広い需要を満たします。

機密データの発見と分類

機密データの場所を自動的に識別することで、データベース内/データベース間で一貫したマスキングを実現します。

データマスキング

カスタマイズ可能な事前定義済みのマスキング機能のライブラリを利用して、PII、PHI、PCI などの機密データ要素を保護します。

テストデータの生成

実際の運用データを使用できない場合やデータがない場合でも、テスト用の合成データを生成します。

データサブセット

テスト プランの要件に基づいて小規模なデータセットをプロビジョニングすることで、インフラストラクチャ要件を最小限に抑え、パフォーマンスの向上を実現します。

データの接続性

1 つの管理プラットフォームから、分散されている幅広いデータソースとメインフレーム データ ソースへの接続を提供します。

予め組み込まれたアプリケーションアクセラレータ

パッケージアプリケーションのサポートを通じ、アプリケーションの統合性と迅速な導入・展開を実現します。

モニタリングおよびコンプライアンスレポートの作成

コンプライアンス、リスク管理、監査の各チームの関与を促し、データガバナンスの取り組みにおける足並みをそろえ、意識の統一を徹底します。

c05-promos-gartner-data-masking-bg

ガートナー社のデータマスキング分野のマジック・クアドラント

レポートはこちら

関連製品とソリューション

Persistent Data Masking

格納しているデータやテスト、サポート、アウトソース環境用にコピーしたデータをマスキング

Test Data Generation

テスト環境と開発環境で運用データを利用できない場合に、現実的なデータを合成して自動生成します。

Data Subset

テスト環境と開発環境で使える運用データの小規模なコピーを自動作成します。

クラウドテストデータ管理

テストデータへの侵害リスクとそれに伴うコストを最小限に抑えます。

Test Data Warehouse

Informatica Test Data Warehouseでは、テストチームがテストデータセットの特定とリセットをオンデマンドで実行できるため、テストサイクルを短縮するとともに、IT部門への依存を低減できます。

成功事例

cc01-vale.png
Vale

Vale delivered archived data compression rates averaging 95 percent, and saved $1 million annually in storage costs

cc01-hot-telecom.png
Hot Telecommunications

Hot Telecommunication quickly gained compliance with regulations and accelerated development of telecom solutions