c01-data-security-v2

Test Data Warehouse

DevOpsにテストデータをプロビジョニングしてテストサイクルを短縮すると共に最適なテストデータセットを生成してソフトウェア品質を改善

Test Data Warehouseによって、テスターはテスト環境を把握して、テストケースごとにデータを補強して選択することができます。また、Test Data Warehouseを通じてDevOpsへのテストデータのプロビジョニングを自動化することで、アジャイル開発環境における開発サイクルを短縮できます。

Test Data Warehouseにより、次のことが可能になります。

  • テストデータの表示、タグ付け、検索:テストエンジニアは、データを閲覧したり、クエリを実行したりして、テスト環境のデータを表示できます。テストケースに適したデータセットを見つけたら、テストケースにタグ付けして、検索できます。
  • テストデータの管理と共有:テストデータをアップデートして、テストケースに適したテストデータを取得できます。特定のテストケースやテスト分野に特化した小規模のデータセットを作成することも、個人のデータセットを他のユーザーと共有することも可能です。
  • カバレッジ分析による品質向上:テストデータに含まれる値の組み合わせを分析して、テストデータのホワイトスペースを特定できます。ホワイトスペースを埋めることで、総体的なテストデータセットを確立できます。
  • テストデータのリセットによる生産性向上:テストエンジニアは、他のテストエンジニアが実行しているテストに影響を及ぼすことなく、自分のテスト環境だけをリセットできます。そのためテスト環境全体を更新しなくても、テストの再開が可能です。また、複数のテストを実行するためにテストレコードの数を推定したり、新しいテストデータを使用するために自動化スクリプトを変更したりする必要がありません。
  • DevOpsの一環としての自動化:DevOpsツール(Jenkinsなど)により、データのリセットプロセスを自動化してから、テスト自動化スクリプトでアプリケーションをテストできます。これにより、テストデータの可用性を確保できるため、粗悪なテストデータを原因とするテストの失敗を回避できます。

関連資料

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。