c01-cloud-integration-v2

CDMI:クラウドデータ管理

Salesforce データを、高品質かつ安全なビューで把握

お問い合わせはこちら
c09-cloud-data-quality

統合連絡先データ検証

Informatica Cloudの統合連絡先データ検証ツールは、ベストプラクティスを自動化することによって、営業やマーケティング、カスタマーサービス部門に高い価値を提供します。本ソリューションは、冗長な保護レイヤーとアカウント/案件/連絡先作成の強制ファジー検索を実現します。また以下の機能を提供します:

  • Data as a Service(DaaS)を利用して連絡先データ検証を向上
  • DaaSデータのエンリッチ化サービスで、マーケティング活動のROIを高め、顧客とのより深いつながりを構築できる高度なインサイトを提供
  • 貴社の統合戦略にデータ品質管理を徹底的に導入
  • 高度なリードコンバージョン機能で、案件や商談のトラッキングを強化
  • 重複データをバッチ処理で排除し、より正確な予測機能を営業に提供
詳細はこちら

クラウドテストデータ管理

Informatica Cloud Test Data Management(TDM)は、適切な時に、適切なテストデータで、サンドボックス環境を自動プロビジョニングします。

データをサブセット化することにより、開発者たちがサンドボックス環境を利用することで生じるストレージの制限やデータの関係性の切断について心配する必要がなくなります。関連のあるデータのサブセットを簡単にプッシュして、その参照整合性を保持できるようになりました。

また、データマスキング機能でサンドボックス内の機密データをマスキングすることで、情報の漏洩とコンプライアンス違反のリスクを回避できます。

このように、実践的かつ高品質なテストデータを使うことで、開発、テスト、トレーニングのエクスペリエンスが高まります。

c09-cloud-test-data-management
c09-cloud-master-data-management

Cloud Customer 360 for Salesforce

取引先および取引先責任者のデータをSalesforceで自動的にクレンジング、統合、管理します。Force.comで実行するように設計されているInformatica Cloud Customer 360 for Salesforceは、次の機能を提供します。

  • データ入力時に取引先および取引先責任者の重複を特定
  • 電子メール、電話、住所のデータ精度を検証
  • ERP、マーケティング自動化、その他のSalesforce Orgを含むさまざまなデータソースからの顧客レコードを照合
  • 取引先、営業、請求など、さまざまな階層タイプの複数のビューを提供
  • Informatica Master Data Management(MDM)と同期化し、顧客レコードに既存のマスター化レコードからの情報を入力

取引先の階層全体(子会社を含む)を通じたすべての取引先、取引先責任者、リード、商談のオブジェクトを確認および検証します。マーケティングおよび営業部門は、キャンペーンの効果を追跡したり、ホワイトスペース分析を使って企業全体におけるクロスセルやアップセルの機会を連携しながら発掘したりすることができます。 

詳細はこちら

MDM – Product 360

Product 360では、さまざまなチャネルからアクセスしてくる顧客に豊富な商品情報を提供することで、販売に結びつけることができます。インフォマティカのマスターデータを活用した商品情報管理(PIM)システムにより、業務担当者は、商品データを効果的に管理し、連携しながら取り組むことで、すべての販売チャネルを通じて整合性のある完全な情報を提供して顧客の購買エクスペリエンスの品質を向上させ、生産性の向上とコンプライアンスの確立を実現できます。

インフォマティカのMDM - Product 360をオンプレミスで使用する場合でも、ホスティングされたクラウドサービスとして使用する場合でも、すべての商品データの中央リポジトリとして、また、オムニチャネルコマースのプラットフォームとして使用することができます。 

09-products-mdm-product360
c09-TSR-fuel-applications

MDM – Supplier 360

MDM – Supplier 360は、次世代のサプライヤー関係管理のための、マスターデータを活用したビジネスアプリケーションです。MDM – Supplier 360を利用することで、サプライチェーン、購買、財務、サプライヤー管理チームは、サプライヤーのライフサイクル、関係、データのエンドツーエンドの管理プロセスに連携しながら取り組み、整流化できます。

セルフサービスのポータルを使用することで、サプライヤーは企業情報だけでなく、製品情報も登録、更新、完成させることができます。オンプレミス環境で使用する場合でも、ホスティングのクラウドサービスとして使用する場合でも、Informatica MDM - Supplier 360はサプライヤーのオンボーディングと市場投入までの期間を整流化し、サプライヤーのコンプライアンス、リスク、パフォーマンスの適切な監視を実現します。 

詳細はこちら

Cloud Data Quality Radar

Informatica Cloud Data Quality Radarは、SalesforceやMarketoなどのアプリケーションにおけるデータ品質の問題を迅速に特定して視覚化し、データの信頼性を高めます。Cloud DQ Radarによって、最も影響の大きいデータ品質の問題を迅速に自動で修正できるので、データ品質関連の作業についてIT部門に頼る頻度が少なくなります。 

Cloud DQ Radarでは、使いやすいダッシュボードを使用して、すべてのビジネスアプリケーション内およびビジネスアプリケーション間のデータ品質レベルを追跡し、企業が使用するデータを常にクリーンに保つことができます。Cloud DQ Radarは、データガバナンスの実現に向けた最適な出発点となります。Cloud DQ Radarでは、小規模で始めて短期間で何らかの成果を挙げながら、正式なデータガバナンスプログラムのビジネスケースを作成することができます。 

c09-icdq-process

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。