c01-analytics

Informatica for Tableau

セルフサービスアナリティクスで、アクセス性と関連性の高い信頼できるデータの価値を最大限に引き出す

c09-tableau-ecosystem-1

セルフサービスアナリティクスのための企業クラウドデータ管理

セルフサービスアナリティクスはビジネスに不可欠な存在になっていますが、成功を収めるにはIT部門と業務部門の連携が欠かせません。たとえ業務担当者がTableauからインサイトを手にしたとしても、そのインサイトが正確で関連性のある信頼できるデータに基づいていなければ役には立ちません。インフォマティカのソリューションによって、Tableauユーザーはクラウド、オンプレミス、ハイブリッドのすべてを網羅した堅牢なデータ基盤を構築できます。 

c09-tableau-ecosystem-1

AI主導のデータ管理でセルフサービスアナリティクスの価値を最大化

セルフサービスアナリティクスを成功させるには、IT部門と業務部門の連携が欠かせません。正確で関連性の高い信頼できるデータをベースにTableauアナリティクスを実行することで、データに基づくインサイトの価値を最大限に引き出すことができます。インフォマティカは、クラウド環境とハイブリッド環境の両方を通じて、AI主導でITが管理する信頼できるデータ基盤をTableauユーザーに提供します。

データカタログによるデータディスカバリとデータガバナンス

企業データの量とタイプが増加するのに伴い、業務アナリストが関連性の高い信頼できるデータを見つけ出すことは難しくなってきています。生産性と信頼性に優れたセルフサービスアナリティクスを実行するためには、Tableau環境において、社内全体を通じた信頼できるデータ資産への可視性とアクセス性が業務担当者には必要です。インフォマティカのAI主導Enterprise Data Catalog(EDC)では、業務部門とIT部門が連携して、クラウド環境とハイブリッド環境のデータ資産を探索、カタログ化、管理できます。Tableauアナリストは必要なデータ資産を見つけ、理解し、生産性を最大限に高められます。

c09-tableau-ecosystem-2
c09-professional-services

アジャイルなクラウドアナリティクス

Tableauユーザーは、分析に使用するデータのブレンドや変換を迅速に行うことを求めています。Informatica Intelligent Cloud Services(IICS)のデータウィザード、あらかじめ組み込まれたマッピング、テンプレートにより、業務担当者は信頼できるデータを準備してTableau環境で利用できます。一般の統合担当者はクラウド環境とハイブリッド環境のさまざまなデータソース(Salesforce、Amazon Redshift、Microsoft Azure、Google、Workday、NetSuite、SAP、Oracle、Adobe、Marketoなど)からのデータを迅速にブレンドできます。

IICSを無料体験

次世代アナリティクスのためのエンタープライズデータレイク

従来のデータソースやSaaSソリューションからのデータに加え、ソーシャルメディア、Webサイト、ログファイル、IoTデバイスといった非構造化データソースからのデータが増え続けている今日、アナリストはこれらのデータを効果的に活用する必要があります。インフォマティカのEnterprise Data Lakeソリューションでは、業務担当者はTableauアナリティクスで利用できるように関連性の高い信頼できるデータの探索、把握、プロファイリング、クレンジング、準備を適切に行えます。

c09-tableau-ecosystem-4
c09-tableau-ecosystem-7

信頼できるデータに基づくセルフサービスアナリティクス

アナリティクスの成否は、分析に使用するデータの質によって決まります。Tableauの優れた機能であるVizやダッシュボードで関連性の高いデータを使用すれば、信頼できるインサイトを得ることができます。インフォマティカのデータ品質およびガバナンスのソリューションでは、関連性の高い信頼できるデータをタイムリーにTableau環境へ提供することで、業務上の価値を高めることが可能になります。

詳細はこちら

統合ハブによるデータのオンデマンド提供でセルフサービス環境を促進

Tableauユーザーには、データへのタイムリーなアクセス環境が必要です。最新の統合ハブによって、IT部門は業務部門で高まるデータ需要に対応することができます。パブリッシュ/サブスクライブ型の統合パターンを使用する統合ハブでは、業務担当者はデータソースの複雑さを感じることがなく、Tableauユーザーには「唯一無比のデータソース」が自動的に提供されます。統合ハブをデータの支柱として、すべてのTableauユーザーは信頼できるデータをセルフサービスで統合、管理、共有することができます。

c09-tableau-ecosstem-3
c09-tableau-ecosystem-5

ハイブリッドデータ統合によるクラウドへの移行

インフォマティカのソリューションでは、大容量の運用レポートや繰り返し行うデータ統合のために、自動的にデータを統合してTableauデータ抽出(TDE)ファイルに変換できます。このファイルはTableau ServerやTableau Onlineに直接パブリッシュできます。TDEファイルは数百のクラウドやハイブリッドソースの統合から抽出でき、全社を通じてTableauの管理されたセルフサービスアナリティクスで使えます。

詳細はこちら

Tableauとインフォマティカのソリューションを使い始める

関連性の高い信頼できるデータをタイムリーに業務担当者へ提供し、Tableauですぐに活用できます。

Tableau向けEnterprise Data Catalog(EDC)のChrome用プラグイン

Informatica Enterprise Data CatalogのChrome用プラグインを使用して、Tableau Desktopからデータ資産を探索、把握、カタログ化できます(Googleストアから無料でダウンロード可能です。EDCがインストールされている必要があります)。

Enterprise Data Catalog無料体験版

Informatica Enterprise Data Catalogをお試しください。全社規模でデータ資産のカタログ化と管理を連携して行い、データをTableauでのセルフサービスアナリティクスに使用できます。

Enterprise Data CatalogのAWSクイックスタート

AWS(Amazon Web Services)でEnterprise Data Catalogを今すぐ使い始めることができます。

無料体験版:Informatica Intelligent Cloud Services for Tableau

無料体験版を今すぐお試しください。あらかじめ組み込まれたテンプレートやデータウィザードを使用して、さまざまなデータソースからのデータの取り込み、クレンジング、ブレンドを簡単に行えます。

インフォマティカのコネクタ

あらゆるタイプと量のデータに使える、クラウドベースのコスト効果的なデータ統合/データ管理ソリューションによって、拡張性、俊敏性、最新化を実現できます。

Informatica Success Academy

Cloud Analytics Success Packを利用してトレーニングを促進できます。

Tableau関連資料

Tableauについての理解を深めることで、アナリティクスを一段階上に進化させることができます。

関連資料

各種お問い合わせ

無料体験版

インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションをぜひ体験してみてください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えを見つけましょう。