c01-big-data-v2

ビッグデータ

ビッグデータの取り込み、準備、カタログ化、マスター化、管理、保護を通じて効果的なデータレイクを確立し、最新かつ正確で一貫したインサイトに基づく意思決定を実現

開発期間の短縮

ビジネスのペースが加速し、モノのインターネット(IoT)で生成されるデータ量も増加する中、ビッグデータをリアルタイムに取得して処理することはますます困難になっています。この課題に対処するためには、高いコストが伴う手作業のプロセスを使用するか、連携のない複数のポイントソリューションを統合する必要があります。

これらのいずれもIT環境の複雑化を招き、業務部門へのデータ提供に遅れを生じさせることになります。しかし、企業はエンタープライズクラウド対応データレイクから短時間で価値を引き出して、以下を実現する必要があります。

  • 収益性の向上
  • ビジネスチャンスの掘り起こし
  • 問題の検出
  • イノベーションの促進
  • 優れたカスタマーエクスペリエンスの提供
c09-big-data-building Bain & Co.社の調査によると、企業の59%が、自社のデータから有意義なビジネスインサイトを得る能力が欠如していると考えています。

ビッグデータ管理に体系的なアプローチを採り入れることで、リスクを高めることなく、より多くのビッグデータからより多くの業務上の価値を短時間で何度でも引き出せるようになります。 

導入初日からクラウドに対応

インフォマティカのサポートは、広く普及しているオンプレミスのHadoopディストリビューションにとどまりません。クラウドデータベースやクラウドデータストア、クラウドアプリケーションへすぐに接続できるため、どこであろうと本当の意味であらゆるデータを信頼できるデータ資産へと変えることができます。

間断なくインサイトを提供

あらかじめ組み込まれた数百のコネクタのライブラリ、またオープンソースおよび独自のストリーミングエンジンをベースに簡素化されているストリーム処理によって、場所に関係なくほぼあらゆるデータを統合することができます。また、Tableau Data Extractsとハブベースのパブリッシュ/サブスクライブアーキテクチャもサポートしているため、より多くのデータを、より多くのデータターゲットに、より迅速に繰り返し提供できます。

セルフサービス型の管理されたデータ

セルフサービス型のデータ準備機能がより多くの信頼できるインサイトへの迅速なアクセスを可能にし、適切なユーザーに、最適なタイミングで、最適なデータを提供できます。主な機能:

  • あらかじめ組み込まれたデータリネージ
  • 全社規模のデータ資産ディスカバリ
  • スマートなデータセット提案
  • クラウドソースからのデータ資産へのタグ付けおよび共有機能

機密データの検出

インフォマティカのリスクを中心に置いたビッグデータ保護アプローチでは、機密データを自動的に分類し、不正なデータアクセスや蔓延などの脅威をいち早く能動的に検出します。評価に基づいてデータを非侵害的に保護し、コンテキスト情報へのセキュアなアクセスが可能になります。 

1 Bain & Co.、Building IT Capabilities to Deliver Better Insights、2016年2月。

成功事例

Western Union built a data platform based on Hadoop and Informatica Big Data Edition

詳細情報

UPMC used a collection of Informatica products to improve...

詳細情報

Tinkoff Bank acquires and retains more customers at...

詳細情報

ビッグデータ製品

Intelligent Data Lake

一元管理されたデータソースを活用して、アナリティクスの革新と業務上の意思決定を促進

企業情報カタログ

エンタープライズ環境全体におけるデータの蔓延状態を把握し、スマートデータカタログでデータ環境を整理できます。

Intelligent Streaming

あらかじめ組み込まれたトランスフォーメーション機能を使用して、大量のIoTデータを処理し、ストリーミングアナリティクスに基づいてリアルタイムで意思決定を実行

Big Data Management

Hadoopで迅速、柔軟、再利用可能なデータ統合、ガバナンス、セキュリティを実現

Big Data Parser

Hadoopの最も難解なデータやファイル形式へのアクセスを可能にし、データパーサーの開発期間とコストを削減します。

Relate 360

関連するデータ間の関係を正確に把握し、ビッグデータ分析を可能にします。

ビッグデータの分野で次に何が来るのかを考えても意味がありません。優れたビッグデータ管理戦略を確立することで、あらゆる事態に備えてください。

インフォマティカの製品戦略担当バイス・プレジデント、デイヴィッド・ライル(David Lyle)の講義を視聴し、ぜひ @leanlyle でディスカッションにご参加ください。

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのビッグデータソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。