c01-big-data-v2

ビッグデータ

ビッグデータの取り込み、準備、カタログ化、マスター化、管理、保護を実行して、信頼できるデータレイクから正確性と一貫性に優れたビッグデータインサイトを提供。

機械学習を活用したデータレイク管理

信頼性、関連性、実行可能性に優れたデータをデータレイクに提供することができます。Informatica Intelligent Data Lake Managementでは、データレイク用の生データを検索、準備、カタログ化、マスター化、管理、保護できます。また、Intelligent Data Lake Managementはインフォマティカのメタデータ主導型人工知能テクノロジーであるCLAIRE™エンジンを搭載しているため、重要なデータの関係性も探索できます。データを迅速に準備して、最適なデータを最適なユーザーと最適なタイミングで共有できます。

簡素化されたデータレイク管理を通じ、ビッグデータの力を最大限に引き出すことができます。

導入初日からクラウドデータレイクの効果を引き出す

クラウドエンジンのネイティブ処理、およびクラウドデータベース、クラウドデータストア、クラウドアプリケーションへの設定なしの接続により、場所を問わず、あらゆる生ビッグデータを信頼できるクラウドデータレイクへと変換できます。

ほぼすべてのデータを検出し、重要な関係を探索

インフォマティカのAI主導型エンタープライズデータカタログとインテリジェントな構造ディスカバリ機能を使用すれば、あらゆる場所の、ほぼあらゆるデータを探索して統合できます。さらに、あらかじめ組み込まれた数百ものコネクタによって、オープンソースおよび独自のストリーミングエンジンのストリーム処理が簡素化されます。また、Tableau Data Extractsとハブベースのパブリッシュ/サブスクライブアーキテクチャもサポートしているため、より多くのデータをより多くのデータターゲットへより迅速に繰り返し提供することが可能です。

管理されたセルフサービスによるデータの準備と共有

インフォマティカのセルフサービス式のデータ準備では、業務担当者が信頼できるインサイトへ迅速にアクセスできます。このため、適切なデータを適切なタイミングでユーザーに提供することができます。

信頼できるデータの提供

リスクを中心に据えたインフォマティカのビッグデータ保護アプローチでは、機密データを自動的に分類し、不正なデータアクセスや蔓延などの脅威をいち早く能動的に検出します。データは評価に基づき非侵害的に保護されるため、コンテキスト情報にセキュアにアクセスできます。

関連資料

ビッグデータの分野で次に何が来るのかを考えても意味がありません。優れたビッグデータ管理戦略を確立することで、あらゆる事態に備えてください。

インフォマティカの製品戦略担当バイス・プレジデント、デイヴィッド・ライル(David Lyle)の講義を視聴し、ぜひ @leanlyle でディスカッションにご参加ください。

成功事例

Western Union built a data platform based on Hadoop and Informatica Big Data Edition

詳細情報

UPMC used a collection of Informatica products to improve...

詳細情報

Tinkoff Bank acquires and retains more customers at...

詳細情報

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのビッグデータソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。