c01-big-data-v2

Big Data

繰り返し実行可能で信頼性が高く、持続可能なプロセスで、ビッグデータを統合、管理、保護

フォレスター社の2016年第4四半期ビッグデータファブリックに関するForrester Waveレポート

インフォマティカをビッグデータファブリック評価のリーダーに位置付ける

レポートはこちら

ビッグデータの活用

データの量、速度、種類が増加するのに伴い、企業はビッグデータから業務上の価値を引き出したいと考えています。しかしデータが不完全で整合性がなく、統制も保護もされていなければ、ビッグデータは資産ではなく負債になってしまいます。従来の手作業による複雑なアプローチでは、ビッグデータプロジェクトに時間がかかりすぎて、業務上の価値を実現することができません。ビッグデータから業務上の価値を持続的に繰り返し引き出すには、新たな戦略が必要です。

このような戦略は、次のようなコアとなる領域をサポートする、ビッグデータ管理プラットフォームを基盤に始める必要があります。

  • ビッグデータ統合
  • ビッグデータガバナンスおよび品質
  • ビッグデータセキュリティ

 

c09-bdm-60executives 2015年のCapgemini社の調査によると、調査対象となった経営幹部の60%が、3年以内にビッグデータが業界に大きな影響を与えると回答しています。
c09-bdm-90unleverage ガートナー社(1)によると、2017年までを通じ、ビッグデータ アナリティクスから得られる情報資産の90%は、複数のビジネスプロセスでサイロ化され、活用することができません。

より多くのソースからより多くのデータを統合

次世代ビッグデータの ワークロードやデータタイプは大量かつ高速であるだけでなく、半構造化や非構造化のデータスキーマが使われているためにアクセスや取り込み、処理、導入が複雑で、従来の手作業のプロセスに頼るアプローチでは対応できません。

インフォマティカのビッグデータ統合によって、より多くのデータソースからより多くのデータをすばやく簡単に統合することが可能になります。

  • 任意のタイミングでデータを取り込み
  • 柔軟性が高く、繰り返し実行可能で、迅速なデータ処理
  • あらゆる場所にデータを提供可能
1出典:Doug Laney、Dataconomy.com、2014年

ビッグデータガバナンスおよび品質を保証

数多くのソースとシステムにおけるデータ量の増加とタイプの多様化を背景に、現在多くの重要なビジネスイニシアチブが行われています。このような状況でデータの品質に問題があると、それがたとえ解消できたとしても、スマートな意思決定を下し、コストを削減し、成長を生み、イノベーションを促す組織の力にとっての重大な障害となります。成功は、データの関連性、適時性、信頼性が不可欠です。

Informatica Big Data GovernanceおよびQuality によって、次のことが可能になります。

  • より多くのデータのエンリッチ化と標準化
  • 大量のデータの迅速なマスター化
  • 信頼できるインサイトのためのデータの準備と共有
c09-bdm-26inaccurate-V2 Experian社が2015年に実施したデータ品質ベンチマークレポートによると、自社のデータの正確性に疑問を持っている企業は全体の26%に上ります。
c09-bdm-64datasecurity Ponemon Institute社の2015年の「データセキュリティ インテリジェンスの現状報告」によると、機密データの場所を把握できていないというIT部門の最大の懸念は、高まる一方です。

リスクを高めることなく、より多くのデータを保護

データの急激な増加や増殖に伴い、企業は、機密データが置かれている場所やその利用状況を十分に把握できなくなっています。しかし、プライバシーに関する法律や規制は、複数のシステム、部門、役割、地理にわたるデータの保管場所や広がりの範囲、保護、使用状況に基づいてリスクを正確に把握することを求めています。

Informatica Big Data Securityは、データの検出と分類を通して、機密データの拡散、使用状況、発生源、保護についてあらゆる角度から包括的に確認することで、以下のことを実現します。

  • 360度の可視性による機密データの分類
  • 開発環境や運用環境で安全に使用するためのデータの匿名化
  • 企業ポリシーと業界規制に基づくコンプライアンスの確立

成功事例

Western Union built a data platform based on Hadoop and Informatica Big Data Edition

詳細情報

UPMC used a collection of Informatica products to improve...

詳細情報

Tinkoff Bank acquires and retains more customers at...

詳細情報

ビッグデータ製品

インテリジェント データレイク

一元管理されたデータソースを活用して、アナリティクスの革新と業務上の意思決定を促進

Enterprise Information Catalog

社内にあるすべてのデータ資産のエンドツーエンドのリネージを探索、分類、表示。

Intelligent Streaming

あらかじめ組み込まれたトランスフォーメーション機能を使用して、大量のIoTデータを処理し、ストリーミングアナリティクスに基づいてリアルタイムで意思決定を実行

Big Data Management

Hadoopで迅速、柔軟、再利用可能なデータ統合、ガバナンス、セキュリティを実現

Big Data Parser

Hadoopの最も難解なデータやファイル形式へのアクセスを可能にし、データパーサーの開発期間とコストを削減します。

Relate 360

関連するデータ間の関係を正確に把握し、ビッグデータ分析を可能にします。

ビッグデータの分野で次に何が来るのかを考えても意味がありません。優れたビッグデータ管理戦略を確立することで、あらゆる事態に備えてください。

インフォマティカの製品戦略担当バイス・プレジデント、デイヴィッド・ライル(David Lyle)の講義を視聴し、ぜひ @leanlyle でディスカッションにご参加ください。

動画はこちら

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのビッグデータソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。