c01-big-data-v2

Data Engineering Streaming

信頼できる、コード不要のIoTおよびストリーミング処理に基づいて、リアルタイムアナリティクスを実行。

概要

key-features-icon.png

主な機能

Informatica Data Engineering Streamingにより、無制限のストリーミングデータをリアルタイムで処理して、アナリティクスを実行できます。

リアルタイムのデータ取り込み

リアルタイムキューからイベントを簡単かつ迅速に取り込むことで、価値を最大限に引き出すことができます。

構造化データのストリーミングを開始

マルチレイテンシのデータをひとつのプラットフォームで管理します。ソースのイベント時刻に基づいてイベントを処理します。整理されていないデータを整理されたデータにします。

視覚的な設計インターフェイス

ビジネスルールの構築、あらゆるレイテンシでの再利用、ストリーム処理ロジックの維持管理を簡単に行うことで、迅速な開発が可能になります。

クラウド対応のストリーム処理

Amazon KinesisおよびMicrosoft Azure EventHub間でデータをストリームできます。

高速でセキュアなイベント処理

豊富なトランスフォーメーションを活用し、変換されたデータに関するビジネスルールを作成することで、リアルタイムのパターンを迅速に検出できます。

サービス品質

データの自動フェイルオーバー機能によって信頼できるデータを提供し、容量の拡張も簡単です。

インテリジェントなストリーミングデータ解析

CLAIRE™エンジンに搭載されたインテリジェントな構造探索機能によって、複雑なストリーミングデータを自動的に解析します。スキーマドリフトに簡単に対処できます。

将来も安心

将来のオープンソーステクノロジーの変化や進化にも柔軟に適応し、任意のレイテンシでデータを処理可能なデータフローを構築できます。

c09_data-volum+e-icon

Data Engineering Streaming in the Cloud

Informatica Cloud Mass Ingestionサービスにより、大量のストリーミングデータを効率的に取り込んで他のターゲットに移動し、リアルタイムアナリティクスを実行できます。

詳細はこちら

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのビッグデータソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。