c01-big-data-v2

Enterprise Data Lake

生データを探索および準備して、高品質のインサイトに変換できます。

概要

key-features-icon.png

主な機能

Excel式のインターフェイス

使いやすいインターフェイスにより、業務アナリストはIT部門のサポートなしでデータをブレンドできます。

社内コラボレーション

データパブリケーションをセルフサービスで管理しながら、ワークスペースでプロジェクトを整理できます。

データセットを迅速にブレンド

システムの規模を問わず、あらゆるタイプのデータをネイティブに処理できる、データ統合変換機能があらかじめ組み込まれています。

スマートチャート

使いやすいデータ視覚化機能を通じてデータを探索できます。

データディスカバリの自動化

マシンインテリジェンスの提案に従って、検索が困難なデータ資産を見つけたり、コンプライアンスのための機密データを特定したりできます。

クラウドソース対応の資産のタグ付けおよび共有機能

データ資産のタグ付けと共有を簡単に行えるため、データキュレーションプロセスで複数のアナリストがコラボレーティブに作業できます

セルフサービスのSqoopデータ転送

HadoopおよびApache Sqoopソース間での双方向のデータ取り込み/パブリッシュをサポートしています。

ワークフローの自動生成

データ準備作業を再利用可能なデータパイプラインマッピングとして記録して、Blazeなどのエンジンで迅速に実行できます。

データ品質の自動管理

あらかじめ組み込まれたデータ品質のビジネスルールトランスフォーメーションで、一貫性と正確性を確保します。

ユーザー管理および認証

Apache Rangerによるセキュリティの一元管理とApache Sentryによる役割ベースのアクセスコントロールをサポートしています。