c01-cloud-integration-v2

クラウドアプリケーション統合

データ、API、アプリケーションの統合をマルチクラウド環境とハイブリッド環境で再定義

概要

次世代データ、API、アプリケーションの統合によりiPaaSを再定義Informatica Cloud Application Integration(CAI)は、SalesforceやMicrosoft Azure、Amazon Web Servicesで実行しているアプリケーションやオンプレミスのアプリケーション、サービス、メッセージングシステムを統合します。これにより、ビジネスプロセスの自動化、トランザクションの高速化、リアルタイムでのアナリティクスを実現します。

データ、API、アプリケーションの統合を最新化

InformaticaのCloud Application Integrationサービスは、モジュール式のアジャイルなマイクロサービスアーキテクチャをベースに、オンプレミスからクラウドへの移行、リアルタイムのデータ統合、リアルタイム/B2Bアプリケーションの統合、プロセス調整、データの同期化と複製など、新しい統合パターンや独自の統合パターンを幅広くサポートします。このサービスは、CLAIREエンジンを活用してAIメタデータ主導型の提案を行い、データ、API、アプリケーションの統合を自動化および促進します。

コード不要でプロセスやAPIを実装

インフォマティカの統合設計環境で、統合アプリケーションとAPIを構築できます。クラウドアプリケーション(Salesforce、Workdayなど)からのリアルタイムデータやサービスをオンプレミスデータソース(Oracle、SAPなど)または企業のファイアウォールの外にあるAPIベースREST(XMLまたはJSON)やSOAPサービスと組み合わせて連携させることができます。アプリケーション、データサービス、データセットAPIなど、多様なクラスのAPIの開発が可能です。コードは必要ありません。APIをパートナーや顧客、社内に公開する準備が整ったら、あらかじめ組み込まれたAPIゲートウェイを使用して、REST、OData、SOAPのアプリケーションおよびデータAPIのセキュリティを確保し、監視します。

c09-designer-process

豊富な接続オプションでアプリケーションを統合

150以上のコネクタから選択するか、6,000以上のカスタムコネクタを構築してきた数多くの企業と同様に自社開発したカスタムコネクタを使用して、クラウドやオンプレミスなど、あらゆる場所のデータセットやアプリケーション、サービスを統合できます。データの同期化、複製、変換、大量取り込みなど、高度なデータ統合機能を使用して独自のデータAPIを構築することが可能です。

カスタムコネクタをわずか30秒で開発

既製のコネクタを使用しないカスタムAPIベースアプリケーションがある場合は、Informatica Cloud Application Integrationでは、カスタムサービスコネクタを定義できます。コネクタはWSDL/SwaggerドキュメントをインポートするかWebフォームを使用して手作業で作成するだけで、あっという間に構築できます。わずか数回のクリックで、ネイティブコネクタと同様に機能する接続を作成できます。

c09-console-process-detail-view

長期のリアルタイムプロセスを自動化

割引承認や受注から入金までのプロセス、問い合わせへの対応など、クラウドとオンプレミスの資産、アプリケーション、データサービスなどを網羅する重要なビジネスプロセスは、完了までに数日、数週間を要する場合や、システムと手動ワークフローの間で複雑なインタラクションが発生する場合があります。Informatica CAIの高度な調整機能をよって、データの取り込み、配布、ビジネスプロセスのすべてを自動化できます。

DevOps作業をサポート

CAIのプロジェクト/フォルダ/資産のエクスポートおよびインポート機能を使用して、DevOps作業を簡単に進められます。この機能によって、自動的に外部のバージョン管理システム、リリース、実装パイプラインの情報を継続的に提供することが可能になります。

c09-designer-pubsub

オンプレミスとクラウドのメッセージングシステムを統合

JMS、AMQP AWS SNS/SQS、Microsoft Azure Messagingなど、既存のキューイングおよびパブリッシュ/サブスクライブメッセージングシステムを、さまざまなメッセージングシステムと統合できます。準備が整ったらESBからInformaticaのCAIサービスへ段階的に切り替えていくことで、幅広い統合機能とハイブリッド機能を利用できるようになります。

スマホでビジネスを進める

スマートフォンやタブレットを使うことで、社員の生産性を高める企業が増えています。例えば、サプライヤのオンボーディング、商品の検品から在庫管理、人材採用などの業務に利用しています。Informatica CAIのモバイルプロセスアプリケーションを使用すれば、社員だけでなく、顧客やパートナー企業も、任意のデバイスから直感的なプロセスワークフローにアクセスできます。HTML 5に加え、iOS、Android、Salesforce 1などの主要なモバイルプラットフォームにネイティブで対応しており、かつてないほど簡単に接続することができます。

Salesforceユーザーの生産性を向上

Informatica CAIのプロセスウィザードでは、Salesforce以外に保存されているデータにもリアルタイムでアクセスできます。さらに、プロセスウィザードでタスクを自動化できるため、複数のタブを開いたり別のアプリケーションから情報をカットアンドペーストしたりする必要がなく、手入力によるエラーが減り、ユーザーの生産性が向上します。また、Salesforceデータの精度が高まり、サービスクラウドの導入が効率化します。

成功事例

cc01-appdynamics.gif
AppDynamics

AppDynamics wanted to evolve to where it could govern the entire application lifecycle and give businesses actionable insights for better decision-making.

cc03-educ-elements.png
Education Elements

A personalized learning platform.

cc03-carbonite.png
Carbonite

Leading business continuity solutions provider uses Informatica Cloud to share relevant and trustworthy Salesforce.com information in real-time.

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。