c07-cloud-integration

Intelligent Structure Discovery

マシンデータやその他の非標準データを利用することにより、短期間で価値を最大化 

人工知能と機械学習を活用したIntelligent Structure Discoveryは、組織全体で非標準データを簡単に利用できるようにすることで、組織がデータによってビジネスを強化できるようにサポートします。機械学習主導のビジュアルなツールを利用することで、IoT、Web、他のマシンからのデータのパーサーを自動作成することができます。

マシンデータを役立てる

非標準データをその他のデータと共に組織内で簡単かつ迅速に利用できるように、インフォマティカはIntelligent Structure Discoveryを開発しました。モノのインターネット(IoT)デバイス、Web、ネットワーク、他のマシンのログファイルからのデータを適切に使用することで得られるメリットは計り知れません。Intelligent Structure Discoveryによって、非標準データはもう理解しにくいサイロ化された情報ではなくなります。 

機械学習と自動化の利用

Intelligent Structure Discoveryは、スクリプティングや非標準データを手作業で理解・解析するための他のアプローチの代わりに、視覚的なツールに組み込まれている機械学習によってプロセスを支援・自動化することで、新しいソースからのデータ構造を簡単に理解し、すぐに使用できるパーサーを作成します。手作業によるアプローチの場合、パーサーの生成には一般的に数日から数週間を要しますが、自動生成のパーサーは数分から数時間で作成することができます。

IoT、Web、マシンデータをあらゆる場所で活用

個々の使用状況に特化したわかりにくいシステムの代わりに、Intelligent Structure Discoveryは貴社のあらゆる場所で非標準データを活用できるように準備します。  Intelligent Structure Discoveryで作成されたパーサーでは、Web、ネットワーク、およびマシンのデータを収集したり、アプリケーションに特化した形で活用したりするだけでなく、貴社のあらゆるデータワークフローに簡単に統合できます。そのため、アナリティクスや業務システムと簡単に統合して、非標準データの新しいソースのエンリッチ化によるメリットを手にすることができます。

Informatica Cloudに対応

Intelligent Structure Discoveryは、Informatica Cloudに統合されたサービスとして利用することができます。Intelligent Structure Discoveryで作成されたデータパーサーは、Informatica Cloudで作成されたあらゆるデータ統合ワークフローへ簡単にインポートできます。  これにより、事実上あらゆるクラウドまたはオンプレミスのシステムで、これらの新しいデータソースをシームレスに利用することが可能になります。これによって非標準データの価値が高まり、これらのデータを役立てる際の複雑さが劇的に軽減されます。

主な機能

  • 機械学習によるビジュアルなツールで、非標準データを理解・準備:使いやすく、非常に生産的な最新のアプローチにより、マシンデータのパーサー作成を自動化
  •  非標準、非リレーショナル形式のすべてのマシンデータを処理:IoTデバイス、Web、ネットワーク、ログファイル、その他のタイプのデータを全社規模で活用
  • 機械学習による自動構造検出機能が、データ構造のビジュアルなモデルを生成:1回の解析で、簡単に構造を理解し、利用したい要素や解析後の出力方法を決定可能
  • 運用環境ですぐに利用できる、パーサーのデータモデルの自動作成:非標準データを、他のエンタープライズデータでも簡単に使用可能なリレーショナル構造へと変換するパーサーを自動生成するビジュアルツール
  • Informatica Cloudに完全に統合:Intelligent Structure Discoveryで作成された非標準データのパーサーは、運用しているInformatica Cloudのワークフローでシームレスに利用可能

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。