c07-data-integration

B2B Data Exchange データ集約

データ集約サービスで信頼性の高いデータを効率的に配信

チャネルパートナーやその他の情報サービス会社からデータを収集する際に注意すべきことがあります。  こうした情報の多くは、自動データ交換機能をサポートしていないので、彼らの Web ページからデータを引き出さなければならないことも珍しくありません。このため、データの迅速な収集を自動化し、信頼性の高い環境で効率的にデータを顧客に提供することができれば、競争優位性となります。Informatica Data Exchange のデータ収集は、多様なタイプのデータを自動収集し、手作業コーディングと比較して 5 倍のスピードで新しいデータソースを追加し、高品質のデータを提供することが可能です。  以下は、そのプロセスです:

あらゆるソースからデータを収集

Web サービスなどの堅牢な通信プロトコルを使用してデータソースに接続し、リアルタイムまたは予め設定したスケジュールでデータの収集を自動化します。  収集したデータは、データ形式や複雑さ、規模に関係なく、ポイントアンドクリックで変換できます。複雑な XML や JSON、業界固有の形式 (SWIFT、HL7、EDI X12 など)、非構造化文書、COBOL コピーブックなどのレガシー データ形式にも対応しています。

5 倍のスピードで新しいデータソースを追加

カスタムコードを開発しなくても、コンフィグレーションや再利用が可能です。業務担当者でも使えるユーザーインターフェイスから、新しいデータソースの追加や設定を実行できるため、時間を大幅に短縮できます。

収集・配信したデータの可視化

業務担当者は、送受信された全てのデータフローをエンドツーエンドに把握できます。常時モニタリングし、通知を受け取ることで、ビジネスに影響が出る前に問題を把握して解決できます。また、主要業績指標 (KPI) を測定するダッシュボード上で、問題のあるエリアやパフォーマンスの改善傾向を把握できます。

卓越した品質のデータ交換

予め組み込まれたデータ品質チェック機能と Informatica Data Quality のビジネスルールが、収集したデータの品質を高めます。つまり、収集したデータを、ステージングや追加編集しなくても下流アプリケーションで使用できますので、完全かつ精度の高いデータをタイムリーに提供できるようになります。

 

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。