c07-data-integration

EDI ゲートウェイ

あらゆる規模の取引先を安全かつ迅速に統合し、エンドツーエンドの完全な可視性を実現

EDI は現在も重要な役割を果たしていますが、エンタープライズデータ交換環境は EDI を超えて進化しています。XML ベースの標準が登場したことで、XML や Web サービスを通じて、データ交換をリアルタイムに実施する企業が増えてきています。  小規模な取引先とのやり取りは、今も文書によるデータ交換が行われており、また Excel スプレッドシートや PDF、Microsoft Word 文書を手作業で統合している企業も依然として多く存在します。業界アナリストの分析によると、ほとんどの EDI ゲートウェイの基盤になっているのは 15 年前のテクノロジーであり、 現在のエンタープライズ ニーズに対応できません。 インフォマティカの EDI ゲートウェイ+ は、EDI、XML、非構造化文書の統合を自動化できます。

あらゆる人とモノを統合

EDI 文書と XML 文書を効率的に統合することは、 EDI ゲートウェイにとって重要な機能ですが、  Excel、PDF、Word の文書も同じレベルで自動的に統合できれば、大きなメリットになります。複雑な XML や業界固有の形式 (EDI X12、EDIFACT、SWIFT、HIPAA など)、非構造化文書 (Excel、PDF、MS Word) などを事前に変換しなくても、データ形式や複雑さ、規模に関係なく、ポイントアンドクリックで変換できます。  さらに、自社と同じデータ形式やテクノロジーを取引相手に強いることなく (強制的に導入しても失敗に終わることがほとんどです)、あらゆる取引先とのデータ交換を自動化できます。

取引先のオンボーディング (システムへの適応) を 5 倍の速さで実現

カスタムコードを開発しなくても、コンフィグレーションや再利用が可能です。使いやすいユーザー インターフェイスで、新しい取引先の追加や設定を業務アナリストが実行できるので、オンボーディングや情報収集に要する時間を大幅に短縮できます。またパートナーポータルを通じて、パートナーが自らオンボーディングを実行できます。

完全に可視化

業務担当者や許可されたパートナーが、データフローやボトルネック、障害などを確認できるようにエンドツーエンドに可視化します。常時モニタリングし、通知を受け取ることで、ビジネスに影響が出る前に問題を把握して解決できます。また、主要業績指標 (KPI) を測定するダッシュボード上で、問題のあるエリアやパフォーマンスの改善傾向を把握できます。

卓越した品質のデータ交換

取引先との関係を強化し、業務効率を高めるためには、粗悪なデータをアプリケーションへロードしたりパートナーへ送信したりする前の段階で発見することが非常に重要です。予め組み込まれたデータ品質チェック機能やカスタマイズ可能な Informatica Data Quality ルールがあれば、あらゆるタイプのデータを完全かつ高精度に、すぐに利用できる形で共有できます。

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。