c01-data-integration-v2

Data Integration Hub

世界唯一のデータ統合ハブで、ハイブリッドデータ統合を高速化

Data Integration Hubの役割や機能、事例をご紹介

データの力を解き放つ

オンデマンドオンラインセミナーはこちら

効率的なデータハブでデータを統合、管理、共有することで、高い信頼性のデータを基盤に企業活動を強化、促進することが可能になります。複雑なデータ統合環境を整流化し、データフローのガバナンスと分散したチームのセルフサービスを組み合わせることで、生産性も向上します。

統合

データの場所や規模、形式に関係なく、すべてのデータを1つのシステムで統合できます。データハブを通じて、信頼できるデータをすべてのアプリケーションへ並行して提供することで、アナリティクスとアプリケーション統合を最新化できます。異なるレイテンシに対応可能なパブリッシュ/サブスクライブ型データハブを通じて、各アプリケーションが必要とするタイミングと形式でデータを自動配信することで、複数のクラウド、新しいエンタープライズアプリケーション、データレイクを既存のシステムへシームレスに統合します。 

ガバナンス

中央のハブを通じてデータ統合の管理と自動化を強化できると共に、すべてのシステムへ同じ認証済みのデータを提供できます。インフォマティカのデータハブを介してすべてのデータワークフローへの可視性を確保し、管理、監視、アラートを実行できます。Data Integration Hubにより、可視性と制御性を高め、データ統合のガバナンスと法規制へのコンプライアンスを組織的に強化できます。

共有

セルフサービス環境を通じて、業務担当者は信頼できるデータを迅速に手にすることができます。また、アナリストや分散しているチームがより多くのことを自ら実行できるようになることで、データ統合のコラボレーションが促進されます。ステップバイステップ形式の各種ウィザードと直感的なWebベースのユーザーインターフェイスによって、非技術系のユーザーでも生産性を高めることができます。ユーザーはデータトピックをセルフサービスで探索およびサブスクライブして、対象のシステムへのデータ配信を自動化できます。IT部門は、分散したチームがIT部門の処理を待つことなく、セルフサービスで準備済みデータトピックのパブリッシュ/サブスクライブを行える環境を提供できます。

企業活動を促進する効率性に優れた最新のデータ基盤

インフォマティカの革新的なアプローチを通じてハイブリッド統合環境を簡素化することで、アナリティクスとアプリケーションの最新化を進めて、データ主導のデジタルトランスフォーメーションを促進できます。データ主導の社内文化の育成や新しいデジタルビジネスの構築、顧客への理解を深めるなど、目的がなんであれ、Data Integration Hubによって迅速に実現し、継続的に拡張していくことが可能になります。

データ品質、エンリッチ化、MDM、マスキングを最大限活用する

ハブによって一元管理することで、データ品質、エンリッチ化、マスターデータ管理、マスキングを最大限活用することが可能になります。また、データの断片化の問題を解消して整合性を確保できるだけでなく、データ品質、Data as a Service(DaaS)のエンリッチ化、MDMのマスター化、マスキングをいったん実行すれば、後はキュレーションした同じデータトピックをすべてのアナリティクスシステムとアプリケーションに提供できます。 

主な機能

データ統合用のパブリッシュ/サブスクライブ型データハブ:あらゆるタイプとサイズのデータ用に最適化されていると共に異なるレイテンシでのデータ配信が可能な最新のハブアーキテクチャ。データソースからあらゆるシステムへのデータ配信を管理。

ハイブリッドワークフローオーケストレーション:ハイブリッドワークフローの自動化および統合管理により、複数のクラウド、SaaSアプリケーション、アナリティクス、オンプレミスシステムのデータ統合および変換を高速化。マルチステッププロセス用にパブリッシュとサブスクライブを連結。

データレイクと既存システムの同期:既存のデータインフラストラクチャで、Hadoop上のデータ処理とデータレイクへのストレージをシームレスに自動化。

データ管理:Hub Overviewと一元管理コンソールが、複数のクラウド、データレイク、既存システムにわたり、すべてのデータフローへの可視性、監視、制御、アラートを提供。

ウィザードと直感的なユーザーインターフェイス:使いやすいWebベースのセルフサービスツールにより、データへの高速アクセス、迅速な開発、生産性の向上、チームコラボレーションの向上を促進。

インフォマティカのスキルを活用:30万人以上のユーザーで構成されるインフォマティカ開発者コミュニティのスキルを活用することで、ハブ用の複雑なカスタムマッピングを作成可能。

データのクレンジング、エンリッチ化、マスター化、セキュリティを自動化:Data Integration Hubのデータトピックに対してInformatica Data QualityMaster Data ManagementData as a Service(DaaS)、Data Maskingなど、Informatica Intelligent Data Platformからのソリューションを活用することでデータ資産の信頼性を強化。

成功事例

cc03-humana.png
Humana

Humana relies on Informatica Data Integration hub to personalize member plans and programs for increased customer engagement.

cc03-rabobank.png
Rabobank

Rabobank moves closer to its goal of 80% online services delivery with Informatica.

cc03-washington-state.png
State of Washington

Enhancing service quality and efficiency across the infrastructure with Informatica Data Integration Hub

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。