c01-data-integration-v2

Ultra Messaging

オンプレミスとクラウドに分散したアプリケーション間で、高パフォーマンスのリアルタイムデータを移動。

Informatica Ultra Messagingエディション

100ナノ秒未満のレイテンシ、24時間365日の信頼性、超高スループットを誇る市場最速のメッセージングソリューション

Ultra Messaging Streamingエディション

Streamingエディションにより、アプリケーション開発者は、障害耐久性の高い最新のピアツーピア設計を通じて、単一障害点を排除でき、メッセージングブローカーやデーモンが不要になります。

  • また、収益性や競争優位性の高い、24時間365日利用可能な取引プラットフォームを開発できます。
  • 超低レイテンシのSMXプロトコルを使用して、x86 64ビットのマルチコアサーバーアーキテクチャで100ナノ秒未満のレイテンシを実現。

Ultra Messaging Streamingエディション

Persistenceエディションは、他のInformatica Ultra Messaging製品と同様に、「中間層のない」設計で構築されており、1つまたは複数の並列データストアからのメッセージ配信を保証します。ゼロレイテンシフェイルオーバーのメッセージ配信を保証する取引アプリケーションを開発することで、競争優位性、障害耐久性、パフォーマンスを強化して、インフラストラクチャコストを削減できます。

  • Streamingエディションのすべての機能に加え、Persistenceエディションの機能を利用可能。
  • 中央メッセージングブローカーのデメリットがなく、メッセージを確実に配信。
  • フェイルオーバーのためのSANやHAハードウェアが不要。
  • メッセージパスの外部で障害が発生したプロセスを復元。他のプロセスの異常に関係なく、システムの全ての部分へ確実にサービスを提供。

Ultra Messaging Streamingエディション

Queuingエディションは、JMS APIとInformatica Ultra Messagingのパフォーマンスと高可用性を組み合わせたものです。一度限りのメッセージキューイング/配信によりパフォーマンスと復元力を強化できます。

  • StreamingエディションとPersistenceエディションのすべての機能に加え、Queuingエディションの機能を利用可能。
  • ウルトラ ロードランス モードにより、最も可用性の高いレシーバにメッセージをインテリジェントに送信。
  • 中央メッセージキューイングが不要で効率的な低レイテンシのロードランスを実現。
  • 指定のレシーバにメッセージを送信して処理することで、メッセージキューイングと配信システムの効率性とスループットを向上。

key-features-icon.png

主な機能

信頼性

革新的なホット/ホットフェイルオーバー設計により、ゼロレイテンシフェイルオーバーをサポート。汎用ハードウェアソリューションで100%の稼働率を保証。

堅牢なコンフィグレーションツール

柔軟なトピック設計、パブリッシュ/サブスクライブ、要求/応答、対称型データフロー、ワイルドカードレシーバ、遅延結合をサポート。自動トピック解決、マルチレイヤーグループアドレッシング、柔軟な配信順序の決定が可能。

使いやすいチューニングツール

予期せぬデータフローのトラフィック制限を可能にするレート制御機能、および低速受信者用に送信アプリケーションが経路を決定できるインテリジェントな配信機能をサポート。

幅広い接続性

さまざまなネットワークドメインへ簡単かつセキュアに接続できるパワフルなゲートウェイを提供。Microsoft Windows、Linux、UNIX – Windows 32/64-ビット、Linux 64ビット、UNIX 64-ビット(AIX、Solaris)をサポート。

柔軟性

任意のネットワーク(1GigE、10GigE、Infiniband)上で実行でき、オープンAPI(C、.NET、Java)を通じて優れたスループットを実現。TCP/IP、信頼性の高いユニキャストとマルチキャスト、高速UDPマルチキャスト(カーネルバイパス)、共有メモリIPCなど、幅広いプロトコルをサポート。

Ultra Messagingオプション

Informatica Ultra Messaging製品ファミリーの機能を拡張する本オプションにより、IT部門は次世代の低レイテンシメッセージングの適用範囲を拡大できます。

動的ルーティング オプション

最適なパスの自動選択とホット フェイルオーバーにより、WANでのメッセージングを保証し、高可用性を実現リアルタイムデータとビッグデータのワークフローを活用することで、競争力をさらに強化できます。

デスクトップ サービス オプション

全社のデスクトップにメッセージング機能を拡張IT効率の向上、アプリケーション/ユーザー認証によるセキュリティの確保、柔軟な開発/導入でROIを改善できます。

SNMPエージェントオプション

ネットワークとメッセージングスタックのパフォーマンス問題をプロアクティブに検知することで、アプリケーションへの投資を保護して、ダウンタイムのリスクを軽減。

システムモニタリングオプション

アプリケーションレベルとメッセージングレベルの両方において、企業内のすべてのウルトラメッセージング環境を完全に把握し、リスク管理とコスト削減を実現。

各種お問い合わせ

無料体験版

ぜひ、インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションを実際に体験してください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。