c01-data-masking

Persistent Data Masking

テスト環境や Hadoop 環境、
社外とのコラボレーションで使う
データをマスキングして保護

データのコンテキストや形式、参照整合性を維持したままマスキングし、プライバシーを保護します。   

Persistent Data Maskingは、機密性の高いデータをマスキングし、匿名化することで、データセキュリティとプライバシーを強化します。 データのコンテキストや参照整合性を維持したままデータを難読化してマスキングすることで、セキュリティレベルの低い環境でも、実データに近い状態で安全に利用することができます。

卓越した拡張性とパフォーマンスを提供するPersistent Data Maskingによって、例えばクレジットカード番号や住所、電話番号などの機密データを現実的な匿名データにマスキングすることで、偶発的な情報漏えいの心配をすることなく、社内外で安全に共有できるようになります。他にも、次のことが可能になります。

  • 非運用環境でのデータ侵害リスクの低減
  • 高品質なテストデータの作成と開発プロジェクトの整流化
  • データプライバシーに関する義務と規制への確実なコンプライアンス