c01-velocity-methodology

データ統合プロセス認定: Informatica Velocity

ビジネスの課題を解消するインフォマティカ ソリューションを効率的に導入する基盤、それが Informatica Velocity です本認定試験では、エンタープライズ戦略から個々のプロジェクト タイプ、個別のタスクからベストプラクティスまで、インフォマティカの導入主要 Informatica Velocity を実行する能力を評価します。

Informatica Data Integration 9.x: Informatica Velocity 認定

この試験は、企業戦略から個別プロジェクト形式までVelocity方法論を運用し、タスクを判断し、ベストプラクティスを策定する能力をテストします。アーキテクチャや設定におけるVelocity製品のベストプラクティスを活用する能力がテストされます。マッピングデザイン、開発、標準実装プロジェクトにおいてVelocity製品のベストプラクティスを使用する能力を実証します。

関連資料

関連商品とソリューション

Velocity

リーンでアジャイルな統合アプローチにより、一般的に陥りがちな落とし穴を避け、予測可能でタイムリーな結果を実現

データ統合

信頼できる重要データにアクセスし、統合・配信することで、企業全体を通じて優れたアナリティクスとビジネスプロセスを効率的に実現

データガバナンス

データを総体的に管理することでコンプライアンスの維持、コストとリスク軽減、事業の成長を実現

マスターデータ管理

信頼性の高い基幹業務データを提供することで、業務を最適化し、より多くの情報に基づいた意思決定を支援します。

データ品質

データの規模や形式、プラットフォーム、テクノロジーに関係なく、常に高品質かつ安全で密接に連携されたデータを提供。

アプリケーションの統合と移行

インフォマティカのデータ管理ソリューションでプロジェクトのリスクを取り除けば、スケジュール通りに、予算内で、アプリケーションの統合と移行を実現できます。

導入に関してお悩みのことはありませんか?

ご相談ください

インフォマティカのエキスパートがあらゆるご質問にお答えします。