c01-analytics

すべてのデータを探索して、すべてのデータにアクセス

業務担当者が組織内のすべてのデータを探索して、すべてのデータにアクセスし、アナリティクスに活用。

概要

データを企業の資産として管理するための第一歩、それはデータの在庫を調べ、その価値を評価し、最大限に活用することです。他の重要な投資や運用投資となんら変わりはありません。データは多様化しているだけでなく、さまざまな部門や場所、システムやプラットフォームに分散しているため(オンプレミス環境やクラウド環境も含む)、どのようなデータがあるのかを正確に把握することが難しくなっています。ビッグデータの世界では、この状況がさらに複雑になります。 

c03-solutions-windows
c03-solutions-woman-tablet

機械学習

機械学習ベースの探索エンジンを導入することで、全社規模でデータ資産を収集しながら、グラフベースのEnterprise Information Catalogを利用してデータ資産に関する理解を深めることが可能になります。業務アナリストやデータスチュワード(データ管理/案内人)は社内全体を通じてあらゆるタイプのデータを発見し、データ間の関係を明確にすると共にビジネスグロッサリの用語やクラウドソースの注釈によってエンリッチ化を実行しながら、データの出所や品質、使用状況を把握することができます。

インテリジェントな提案

人工知能を搭載したインフォマティカのアナリティクス向けデータカタログソリューションでは、機械学習ベースの探索エンジンを通じて、クラウドやオンプレミス、ビッグデータなどソースに関係なく全社規模でデータ資産をスキャンおよびカタログ化することが可能です。CLAIREエンジンのインテリジェントな機能によってメタデータをインテリジェントに活用することで、データ管理タスクに関するインテリジェントな推奨や提案、自動化を実現できます。

c03-solutions-library

関連資料

成功事例

JLL Delivers Marketing Intelligence for Commercial ...

詳細情報

Life Time Fitness relies on Informatica Cloud for business...

詳細情報

Land O’Lakes thinks cloud first for long term technology...

詳細情報

関連ソリューション

アナリティクスイノベーションの実現

業務アナリストが信頼できるデータを準備することで、迅速にビジネスインサイトを提供して、意思決定を改善。

ストリーミングデータからインサイトを取得

重要なイベントをリアルタイムで把握することで、業務上の意思決定を改善して、迅速な応答を実現。

アナリティクスアーキテクチャの簡素化

複雑なポイントツーポイントデータ統合の代わりに、簡素性と管理性に優れたデータアーキテクチャを導入。

各種お問い合わせ

無料体験版

インフォマティカのクラウドアナリティクスソリューションを体験してみてください

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。