Informatica for Amazon Web Servicesでデータ主導の近代化とガバナンスを実現

インテリジェントで、信頼できる、パワフルなデータをAWSで活用する

インフォマティカとAWSのソリューションは、お客様のクラウドデータウェアハウス/データレイクを近代化することで、アナリティクスのさらなる活用と変革の推進、ビジネスの進化を支援します。

「インフォマティカの成熟したコンプライアントなETLツールと、堅牢なクラウドコネクタ機能は、Amazon Redshiftにデータを取り込むのに適しています。AWSやSalesforceなどの一般的なクラウドサービスにも対応できるインフォマティカの素晴らしい統合オプションは、当社の成功に欠かせないものでした」

Amy Anthony

SendGrid社、エンタープライズ・データオペレーション担当ディレクター

AWSで信頼できるデータの活用と近代化を推進

AWSへのデータ移行と統合を簡素化

AWSクラウドデータ統合無料サービスでELT/ETLを高速化

クラウドアナリティクスでビジネスの意思決定を改善

インフォマティカのパワフルなデータカタログ、データ統合、データ品質、データアナリティクスソリューションでクラウドアナリティクスを近代化しましょう。

データガバナンスとセルフサービスを迅速に開始

AWS上で統制されたクラウドデータレイクを使用して、より多くのユーザーにデータを民主化し、データの適切な使用を確保しつつ、消費者のセルフサービスを実現しましょう。

AWSデータウェアハウスへの近代化

オンプレミスのデータウェアハウスをAWSに移行または拡張する場合でも、あるいは新しい分析イニシアチブを始める場合でも、Amazon Redshiftでプロジェクトを拡張し加速させましょう。​

 

AWSデータレイク上で信頼できるインサイトを提供

AWSネイティブのデータガバナンスで、お客様のデータを特定、準備、統合、取り込み、管理し、AWSデータレイクを構築、拡張しましょう。

すべての業務部門が使える360度のビジネスビュー​

360度ビューを使ってビジネスインサイトを把握し、顧客維持率の向上、供給混乱の回避、オンライン売上の増加、流動性の管理を実現しましょう。

インフォマティカとAWSでイノベーションを推進

EVENT SPOTLIGHT
イベント

Point72社は、Informatica on Amazon Web Servicesで、データガバナンスとデータカタログを高速化

データ中心のヘッジファンドを展開するPoint72社でデータガバナンス責任者を務めるRichard Pilkington氏が、インフォマティカを活用して「カタログのカタログ」というビジョンを実現した方法について語ります。Point72社は、AWS環境でデータ探索/準備に要する時間と工数を減らし、データガバナンスを強化しています。

動画はこちら その他のイベントはこちら

関連資料はこちら

クラウドデータ管理を近代化する方法

ダウンロードはこちら

ウェビナー

成熟したクラウドデータガバナンスへの道:カタログ、品質、収益化の方法

動画はこちら

ウェビナー

成熟したクラウドデータガバナンスへの道:カタログ、品質、収益化の方法

動画はこちら

電子ブック

クラウドアーキテクチャへの進化:インフォマティカとAWSでアナリティクスを移行

詳細
エグゼクティブブリーフ

AWS上のクラウドデータレイクとデータガバナンスがもたらす業務上の価値

詳細
page

Amazon Redshiftクラウドデータウェアハウスへの移行で重要な3つのステップ

詳細
スワイプ
AWS上で月間5億行のデータ処理を無料で体験できます。
無料のサービスはこちら