c07-insurance-v2

法規制、リスク、コンプライアンス

リスク管理と法規制(ソルベンシー規制など)へのコンプライアンスのためのイニシアチブに対応した、包括的、タイムリー、正確なデータを提供

保険業界のすべての企業は非常に数多くの法規制に対応しなければならず、あらゆる種類のリスクを正確に評価および測定して、十分な資金を割り当てることが求められています。また、これらの法規制では、リスクのポートフォリオ全体の透明性を高めることも求められています。保険業界の企業は、適切な品質(正確性や適時性など)を備えた適切なデータに基づいて、リスクを正確に測定しなければなりません。このような要件を求める法規制には、例えば欧州委員会のソルベンシーIIなどがあります。M&A(企業の吸収・合併)や長年にわたり導入してきた多数の商品/保険契約システムのサイロ化、人手による操作が必要なデータ処理、不適切なデータ管理ツール/アプローチの使用などにより、利用しているデータが適切かつ正確で最新のものであるかどうかを把握することが困難になっています。また、サイロ化によって、全社レベルでのデータの価値が低減してしまうことも少なくありません。企業のリスク管理部門は、標準的な手法や内部モデルの要件に対応する際、最適なデータに基づいて、リスクや資本配分の誤算の影響を最小限に抑えて、コンプライアンス違反のリスクを軽減し、透明性を大幅に高めなければなりません。

インフォマティカのIntelligent Data Platform(IDP)は、統合された包括的で拡張可能な実証済みのプラットフォームを提供します。ますますグローバル化が進む現在の保険業界において、データを統合、管理、活用して、現在および将来のリスク管理と法規制へのコンプライアンスを強化できます。インフォマティカのソリューションにより、保険業界の企業は以下のことを実現できます。

  • 単純/複雑なデータ統合、データ変換、生データを価値あるインサイトへと変える標準化のプロセスを自動化および管理して、必要なデータソースへのアクセスを提供
  • あらかじめ組み込まれたデータガバナンス機能により、Hadoopの経済性と機能を活用して、リスク管理や法定レポートの作成で一般的に使用するデータについて、一元化したエンタープライズ情報カタログを作成
  • 統合されたデータプロファイリング、品質ルール管理、ダッシュボード、自動改善措置ワークフロー管理により、データに対する信頼性を向上
  • データコントロールを開発して自社のデータパイプライン全体に実装することで、運用データの品質と正確性を向上
  • 適切性、完全性、正確性のすべてを備えたソースデータを提供
  • データスチュワード(データ管理/案内人)が全社レベルのビジネスグロッサリを作成、管理、パブリッシュして、用語や定義の作成/変更プロセスを管理
  • エンドツーエンドの技術/業務リネージを提供して、データ処理に関するインサイトを生成し、法規制の監査要件に対応

関連製品とソリューション

データ統合

信頼できる重要データにアクセスし、統合・配信することで、企業全体を通じて優れたアナリティクスとビジネスプロセスを効率的に実現

データ品質

データの規模や形式、プラットフォーム、テクノロジーに関係なく、常に高品質かつ安全で密接に連携されたデータを提供。

マスターデータ管理

信頼性の高い基幹業務データを提供することで、業務を最適化し、より多くの情報に基づいた意思決定を支援します。

インテリジェント データレイク

一元管理されたデータソースを活用して、アナリティクスの革新と業務上の意思決定を促進

詳細はこちら

成功事例

貴社業界向けソリューションの実例をご覧ください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。