c07-life-science-industries-v2

ライフサイエンス向け創薬ソリューション

現在と過去の研究を活用して、あらゆるタイプのR&D(研究開発)データを統合することで、コラボレーションや分析に関する課題を解決

医薬品の研究開発は、ビッグデータイノベーションの最先端の分野です。テクノロジー/研究機器の進化や実験ノートのデジタル化によりデータの量や種類、速度が急増していますが、このようなデータの急増に伴い、さまざまな課題も発生しています。これらの課題は、極度に断片化されたデータ管理環境(組織間のコラボレーション、M&A、包括的なデータ管理戦略の欠如などに起因)によってさらに複雑化しています。

これらの大量のデータを適切に管理しなければ、創薬のスピードと精度を高めるどころか、逆に効率性を損なうことになります。インフォマティカのソリューションを使用すれば、複数のソースシステムから取得したデータをまとめて、R&Dシステムから取得したデータを外部ライブラリにリンクすることで、創薬プロジェクトが失敗するリスクを軽減できます。統合されたクリーンなデータには、数多くの部分で高い価値を発揮します。

  • 幅広い種類のデータ(分子構造図、実験結果、人事、財務)を組み合わせて、研究活動全体を可視化
  • 化合物のマスター化を通じて、各研究を結び付けるための単一の基準点を設けることでコストを抑制
  • 実験結果をリアルタイムで更新して、不要な重複を回避
  • データの管理と分析に新しいビッグデータソリューションを最大限活用

研究開発で使用するデータ量の増加により、ストレージの価格は低下しているにもかかわらず、データの保存/管理コストは大幅に増大しています。これらのデータの多くは、保存する必要はあるものの、定期的なアクセスの必要があるわけではありません。そのため、データアーカイブに対するポリシーを確立して、適用する必要があります。アーカイブしても、データへのアクセスは維持できます。Informatica Data Archiveでは、高度に圧縮したデータを使用して検索とレポーティングを実行できます。データライフサイクル管理により、研究開発やその他のIT予算を数百万ドル規模で節約し、運用システムの負荷を軽減して処理を迅速化できます。

成功事例

cc03-upmc.png
UPMC

UPMC used a collection of Informatica products to improve research outcomes in the quest to cure various diseases

関連製品とソリューション

インテリジェントなマスターデータ管理

信頼性の高い基幹業務データを提供することで、業務を最適化し、より多くの情報に基づいた意思決定を支援します。

インテリジェントなデータ統合

信頼できる重要データにアクセスし、統合・配信することで、企業全体を通じて優れたアナリティクスとビジネスプロセスを効率的に実現

Data Archive

レガシーアプリケーションをリタイアメントし、運用環境にあるデータの増加をコントロールすることで、アプリケーションのパフォーマンスを改善しつつコンプライアンスを順守できる構造化データのアーカイブソリューションです。

インテリジェントなビッグデータ

繰り返し実行可能で信頼性が高く、持続可能なプロセスで、ビッグデータを統合、保護、統制し、組織に付加価値を提供

詳細はこちら

成功事例

貴社業界向けソリューションの実例をご覧ください。

Informatica Network

難しい課題に対する答えが見つかります。